優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

事故・事件

東京家裁で女性刺殺!動機や犯人の顔写真は?

更新日:

3月20日 15時頃 東京家庭裁判所前で

米国籍男性に女性が刺されるという事件が発生。

原因や犯人の顔写真を調べてみました。

 

事件の概要

 

 3月20日午後3時20分頃、東京都千代田区の東京家庭裁判所の玄関付近で、女性が男に首を刺された。警視庁によると、女性は30歳代の日本人女性で、病院に搬送されたが心肺停止状態で意識不明の重体。

 近くにいた警察官が、逃げた男を追いかけ、現場から約300メートル離れた幸町交番付近で身柄を確保し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
男は、女性と離婚調停中のアメリカ人の夫だそう。
バタフライナイフのほか複数の刃物を所持しており、確保される直前に自分の左腕を刺して病院に搬送された。
参照:読売新聞

 
夕方の裁判所で何とも衝撃的な事件。
目撃情報などをまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

近所の法律事務所でアルバイトをしている20代の男性によると

「東京地裁に用事があり、近くを歩いていたらナイフを両手で持った男が走ってきた。自分も危ないと思って逃げる時にほかの通行人とぶつかってけがをしてしまいました。男はそのあと、警備員のような人に追いかけられ、日比谷公園の方へ走って逃げていった。霞が関でこんな事件が起きて驚いています」

とのこと。

 

 

 

スポンサーリンク

犯人について

 

犯人:アメリカ人男性(32)

名前:今の所不明

被害者との関係:離婚調停中の夫婦

動機:今の所不明

写真:今の所不明

 

残念ながら未だ不明な事の多いこの事件。

4月に創設される特定技能ビザの件もあるので

今回の事件で無関係な外国人への風当たりも

強くなるのでしょうか。

 

このような話もあります。

手荷物検査や警護の強化の見直しをしていただきたいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

事件の詳細などは追って更新したいと思います。

 

続報です!!↓↓↓

 

以上ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.