不祥事

徳井義実(チュートリアル)に税理士はいたのか?脱税騒動の株式会社チューリップについてと会見の動画と今後

2019年6月に発覚した吉本興業の闇営業問題。

今回は給与の使用用途や計上先の問題が発覚しました。

M-1王者にも輝き、テレビではひっぱりだこのお笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実

どうやら個人会社を設立して会社を通して給与を受け取っていたようですが・・・・。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

徳井義実のプロフィール

 

 

名前 徳井 義実(とくい よしみ)
年齢 44歳 1975年4月16日
出身地 京都府京都市山科区
所属 吉本興業 お笑いコンビ【チュートリアル】のボケ
デビュー 1994年NSC大阪校13期生
同期 ブラックマヨネーズ
次長課長
野生爆弾
シャンプーハット
レギュラー番組 今夜くらべてみました
人生最高レストラン
しゃべくり007
受賞歴 2000年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2002年 上方お笑い大賞新人賞
2003年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2003年 上方お笑い大賞新人賞
2004年 上方漫才大賞新人賞
2006年 M-1グランプリ優勝

 

スポンサーリンク

 

申告漏れの概要

 

所属する吉本興業から支払われる出演料などを自ら設立した【株式会社チューリップ】という会社を通して受け取っていました。

同社は2012年から2015年の4年間、個人旅行の費用洋服アクセサリーの購入費用総額2000万円を会社の経費として計上していました。

しかし、東京国税局はこの2000万円を経費と認定しませんでした。

 

また、2016年から2018年の3年間、約1億円の所得を全く申告していませんでした。

あれだけテレビに出演していた徳井さんが3年間、ノーギャラなわけないですよね。

 

悪質な所得隠しや隠ぺい工作をした場合に課される最も重いペナルティである重加算税という追徴課税、

約3400万円になり、徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませているということです。

 

スポンサーリンク

 

会見の動画


スポンサーリンク

 

 

個人会社について

 

Twitterにはグランドヒルズ三軒茶屋ヒルトップガーデンに【株式会社チューリップ】は登記されているとのこと。

そこでグランドヒルズ三軒茶屋ヒルトップガーデンを調べてみると・・・。

 

 

2008年に建てられた13階建てのマンションだそうです。

中古価格ですが、3LDKでおよそ1億7000万円。

賃貸ですと2LDKで月48.5万円となっております。

 

実態がない・・・とまでは言わないまでも、マンションの一室を会社事務所に設定しているのは

業務実態がなく、ただ会社設立に必要な要件を満たす為に借りていたのではないでしょうか。

 

 

去年7月、女性へのわいせつ行為で10月23日に実刑判決を受けた元俳優の新井浩文被告の自宅がここではないかと

一時期話題になっていました。

 

その時は報道陣が多く詰めかけたとのことなので、もしかしたらこの申告漏れ騒動の件での押し掛けか?

とヒヤっとしていたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

税理士は本当にいたのか?

 

徳井さんが個人で設立したのが今回申告漏れを指摘された【株式会社チューリップ】です。

一般的な会社の場合、複雑な税務処理を任せるために税理士を雇います。

そして、税理士が雇われていた場合、3年間もの間所得を全く申告しなかったという状況は考えられません。

税理士が無能だったということなのでしょうか。

この会社には本当に担当税理士が存在していたのかすら疑問です。

 

 

徳井さんは記者会見で

 

自分のルーズさが招いた事態で、申し訳なかった

 

と釈明していますが、徳井さんにはしっかり税金に関する知識や節税に対する強い意識があったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

申告漏れの内容と使用用途

 

今回徳井さんの個人事務所は、プライベートの旅行の代金や個人で使用するアクセサリーの購入費用を会社の経費として計上していました。

一昔前までは、大物芸能人がアクセサリーや着物の費用をごり押しで計上し通っていた時代もあるそうです。

しかし、時代が変わり現在では認められないという見解を東京国税局が示したということです。

 

 

会社の経費に計上していただろうNY旅行です。

プライベートでピース綾部に会いにNYへ行った写真が、豪遊三昧で批判が集中しています。

 

この他にも

舞台に出演する際に私服で上がっていたので、その分は衣装代ではないか

旅先でのエピソードを話す機会もあるだろうから、それは仕事の一つだろう

 

と取材に答えています。

 

確かに芸の肥やしなる可能性はありますが、それは個人の見解で進めていい話ではないだろうし

芸能人というイメージ商売の特性上、細かなことでもアラを出さぬよう、税理士に相談すべきだったのでしょう。

もし、いたとするなら・・・。

 

同じ会見で、様々な芸能人の方に聞いて、個人会社設立に至ったと話していました。

芸能人も人間です、お金は欲しいだろうし、多額の税金を払いたくない気持ちはあると思います。

 

多くの企業が節税対策に福利厚生を充実させたり、公務員が節税対策に中心街のマンションを購入し

賃貸として貸し出し、その管理会社もそこで利益を生んでいくというビジネスモデルもたくさんあります。

私の所にも時々、税金対策にマンションを購入しませんか?と迷惑電話のようものがかかってきます。

それぐらい既に上位富裕層や企業だけが行う対策ではなくなってきています。

 

それはそれで構わないのですが、結局使途を明らかにし、キチンと申告すればよかった話。

テレビに引っ張りだこの現状、ここを疎かにしてその後の芸能生活を棒に振るのはもったいないです。

 

スポンサーリンク

 

今後どうなる?

これまでに所得隠しや脱税が発覚した芸能人に以下の人物がいました。

板東英二

7年間で約7500万円の申告漏れを指摘されました。

坂東さんは、当時のレギュラー番組はすべて降板し、現在もメディアに出る機会は少なくなってしまいました。

 

三崎優太(青汁王子)

「青汁王子」と呼ばれ、約1億8千万円を脱税したとして法人税法違反などの罪に問われ

9月に懲役2年、執行猶予4年判決を受けています。

その後は焼き鳥屋やホストに転身し、話題になってはいましたが今回はどうなのでしょうか。

 


より世間の風当たりは強くなるのはもう避けようがなく

一部では【引退はやむを得ない】との厳しい声も上がっています。

今後の徳井さんの動向に注目されます。

 

スポンサーリンク

 

申告の重要性

 

納税は国民三大義務のうちの1つであり、公平でなければなりません。

複雑で面倒な手続きですので、後回しにしがちなのは理解できますが

それを避けるために多くの会社はお金を払ってまで税理士を雇うのです。

 

一方で、世の中には様々な節税の対策があふれているのも事実です。

多くの人がいかに税金を払わないで済むかに知恵を絞っています。

 

今回、徳井さんの個人事務所が経費として計上した方法が代表されるもので、

オフィスの装飾として使用する絵画や移動のために使用する交通費、自動車なども経費として認められるのか否なのかで揉めることが度々あります。

明確な線引きが難しくグレーゾーンが存在しているのです。

 

昔からスーパーで明らかに家庭の晩御飯のお買い物をしているにもかかわらず、

領収書をもらっている個人事業主らしき人を見かけますよね。未だに納税や申告に対して、その程度の認識だということです。

税務申告の重要性は税負担の公平性に基づいています。

たくさん所得のある人は、ぜひ納税の際にこそ太っ腹なところを見せてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

この件で、ヒヤっとしている芸能人もいるかもしれませんね・・・。

もしかしたら国税局は既に目星をつけていて、水面下では捜査しているのかも・・・。

恐ろしいです・・・。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.