優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

事故・事件

栃木壬生町正面衝突事故。原因は居眠りとスピード出しすぎ?直線道路で起きた事故、1人が死亡。

更新日:

5月11日午前5時10分ごろ 栃木県壬生町北小林の県道で

自動車2台の正面衝突事故が発生。

この事故で運転手1人が重体、1人が死亡が確認された。

 

この事故の現場と詳細を調べました。

 

栃木壬生町正面衝突事故の概要

 

 

 

 

11日午前5時10分ごろ、栃木県壬生町北小林の県道で
トラックとワゴン車が正面衝突した。ワゴン車の会社員、林省吾さん(46)が死亡し、トラックの運転手、大塚勉さん(48)は病院に運ばれたが
意識不明の重体。栃木署が原因を調べている。
栃木署によると、現場は片側1車線の見通しの良い直線。
ブレーキ痕の有無を確認するなどして詳しい事故状況を調べている。近くの住民が衝突音を聞き119番した。
どちらかがセンターラインを超えたのではないかとみて、詳細を調べている。
参照:FNN

 

スポンサーリンク

 

朝早くに起きた近隣の方からすれば衝撃の事故。

ドンという音がしたということなので、相当なスピードでぶつかったのではないでしょうか。

特にワゴン車の損傷がひどい・・・。

ぶつかったのがトラックというのもありますが、やはりスピードは相当出ていそうです。

 

時間帯からして居眠りの可能性もありますが・・・まずはトラックの運転手、大塚勉さんが回復してからになりそうです。

一刻も早く目が覚めて欲しいですね。

 

スポンサーリンク

栃木壬生町正面衝突事故の現場はどこ?

 

 

スポンサーリンク

 

見通しのいい直線道路とのこと。

片側一車線なので、はみ出してこられた方も避けきれなかったのでしょうか・・・。

もしかしたら咄嗟にハンドルを切って避けようとはしたが間に合わなかった可能性も。

急な判断ではブレーキよりハンドル操作の方が先に動いてしまうのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

栃木壬生町正面衝突事故の死傷者は?

この事故で1人が死亡、1人が意識不明の重体となっています。

名前 林 省吾(はやし しょうご)
年齢 46歳
職業 会社員
住所 栃木県鹿沼市
状態 死亡

ワゴン車を運転していた林省吾さんは残念ながら亡くなってしまいました。

 

名前 大塚 勉(おおつか つとむ)
年齢 48歳
職業 トラック運転手(野中運送)
住所 栃木県鹿沼市
状態 意識不明の重体

よく見るとトラック側も前部分が破損しています。

トラックは運転席の位置が高いので、もしかしたらそれで一命を取り留めたのかもしれないですね。

一刻も早く意識が回復することを祈っています。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

みなさんの声を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

やはり朝だと道が空いているのもあって、スピードが出てたんでしょうね・・・。

この場合、どちらかというのではなく、両方に原因があったかもしれないですね。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.