不祥事

高橋雄一(たかはしゆういち)顔画像Facebookやヤフオクアカウント特定?ブロードリンク従業員が転売した情報はなに?余罪やブロードリンクの評判

神奈川県が借りていたサーバーのハードディスクがインターネットオークションで転売され、個人情報が流出した問題で

サーバーのデータ消去を請け負った情報機器関連会社【ブロードリンク】の高橋雄一容疑者(50)窃盗容疑で緊急逮捕しました。

 

 

転売ヤー歴は浅くはないそう。

個人情報流出の余罪もあるんでは?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ブロードリンク個人情報流出事件の概要

 

神奈川県は6日、個人情報を含む大量の行政文書を記録したハードディスク(HDD)がネットオークションを通じて転売されたと発表した。データ消去を請け負った「ブロードリンク」(東京都中央区)の社員が処理前のHDD18個を持ち出して出品し、9個を落札した人が県のデータと気づいた。同社から連絡を受けた警視庁は6日夜、同社の社員の男を窃盗容疑で緊急逮捕した。

捜査関係者によると、男は今月3日、職場のブロードリンク社内から複数のHDDを持ち出し、盗んだ疑い。県庁のHDDとは別だという。調べに対し、容疑を認めている。

参照:読売新聞

 

スポンサーリンク

 

 

犯人の詳細

 

名前 高橋雄一(たかはしゆういち)
年齢 50歳
住所 神奈川県横浜市旭区都岡町
職業 「ブロードリンク株式会社」社員

顔画像は公表されていませんでした。

今後、報道などで顔画像などが明らかになる可能性もありますので、判明し次第更新させていただきます。

 

高橋容疑者は、2016年に中度採用でブロードリンク株式会社に入社していて、入社4年目の社員ということになります。

データ消去有資格者でした。

2016年3月ごろから、HDDを転売目的で盗んでいたようです。

入社してすぐに同様の犯行を繰り返していたということになりますね。

 

スポンサーリンク

 

手口や事件の流れ

【流出の手口】

神奈川県はHDDに簡易的なデータ消去(初期化)を施したうえで、ブロードリンクに引き渡しました。

それらのHDDは都内にあるブロードリンクの施設で保管されていましたが、データの消去作業の担当者が一部を持ち出しオークションサイトに出品したということです。

 

【流出した情報の内容】

オークションサイトに出品されたHDDは、神奈川県庁内の各部局の情報を蓄積する共有サーバーに使われていたものでした。

HDDには、法人名が記載された税務調査後の通知や、個人名や住所が記載された自動車の納税記録、企業の提出書類、県職員の業務記録や名簿類などが含まれていました。

莫大な個人情報を含んだ流出したHDDは、本来は復元できないように業者が破壊処理するはずでした。

【転売された情報の規模】

転売されたHDDは縦約15センチ、横約10センチ、厚さ約2・5センチ。少なくとも9個あり、この中に保存されたデータの容量は27テラバイトに上ります。仮に画像を添付したメール1通を3メガバイトとすると、900万通に相当します。神奈川県が調査を続けていますが、情報流出の事案としては世界でもまれな規模に上る可能性があります。

 

【事件発覚の経緯】

事件はオークションで流出したHDDを落札した落札者から情報がもたらされて発覚しました。IT企業経営の男性が仕事に使おうと、出品されていたHDD9個を落札しました。

使用前に安全性を確かめるため男性が中身を確認したところ、データの存在に気づいたといいます。復元ソフトを使うと、神奈川県のの公文書とみられる大量のファイルが保存されていたことがわかりました。

 

男性は朝日新聞にこれらの情報を提供し、朝日新聞が11月27日に神奈川県に情報流出の可能性を指摘しました。

HDDに記されていた製品番号から、神奈川県のサーバーに使われていた実物と分かり、HDDが流出していることが発覚しました。

ブロードリンクでは、会社が抜き打ちで所持品検査をしたところ、ハードディスクが見つかり窃盗の事実が発覚したということです。高橋容疑者の逮捕後、高橋容疑者の私物用のロッカーからは処分されるはずの別のHDDも見つかったということです。

HDDの窃盗、転売が常態化していたということですね。

 

スポンサーリンク

 

動機や目的?

世界でもまれな規模に上る莫大な量の情報流出が懸念されていて、情報転売が目的だったのではないかとも考えられました。

調べに対して高橋容疑者

小遣いが欲しかった】と供述しているようです。

高橋容疑者が社員として働いていたブロードリンクのお給料はどのくらいなのでしょうか。

『新卒:初任給が23万円、中途採用:25万円(年一回昇給)賞与:ボーナス無し』

ネットの書き込みでは、サービス残業が月80時間にも上り、社員の多くが給与に不満を持っていた可能性があります。

 

 

メディアによって報道された、高橋容疑者が転売目的で使用していた、ヤフーオークションの出品画面です。

その出品物の内容から、高橋容疑者の出品IDは【ajaxdemeer】なのではないかと言われています。

取引の評価が5000件を超えていますので、同様の手口でかなりの余罪があると考えられますね。

報道では

「保管されたHDD12個(時価計2万4000円相当)を盗んだとしている」

とあり、HDD1個当たり2,000円として、2,000円×5000で単純計算しても総額1千万円近く荒稼ぎしていたことになります。

 

スポンサーリンク

 

ブロードリンクについて

ブロードリンク株式会社は、情報機器の再生事業を手掛けていて

ホームページでは”累計650万台以上の実績で大手金融機関・防衛省。裁判所などからも多数受託している”とアピールしています。

さらに、 事業内容として、HDDの破壊や磁力による内容の消去などを紹介し

データの消去証明書の発行も可能と説明しています。”

データ消去は有資格者のみ”と記載するなど厳格な管理を強調していました。

 


ブロードリンクによるHDDを物理的に破壊する実演動画が公開されています。

 

 

取引先に防衛省の名前があり、防衛機密などが流出したのではないかと新倍されましたが、HDDを物理的に破壊して業者に引き渡していたとの報道がありましたので、一安心ですね。

 

スポンサーリンク

ブロードリンクの悪評

 

インターネットの書き込みサイトには、ブロードリンクの元従業員と思われる人からの、内部告白ともとれる書き込みが見つかっています。

今回の事件が起こる前からずさんな管理体制が常態化していて、高橋容疑者と同じような手口でたくさんの情報が流出していた可能性もあります。

大手の実績のある企業を信じて委託していたはずですから、書き込みの内容があまりにも衝撃的で、この書き込みが事実だとすると企業の信頼はもとより、会社の存続すら危ぶまれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

今回の事件は、良識のある落札者が情報提供をしてくれていたことによって発覚しました。

悪意のある人間が落札し、復元したデータを不正に利用していた可能性もあり、まだ行方が分かっていないHDDの所在が大変気になります。

今後の捜査の進展が待たれます。

 

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2020 All Rights Reserved.