火事の話

首里城(正殿)炎上火災!原因や被害の全容と実際の動画。再建時期と過去の火事事例

10月31日 午前2時半過ぎ、沖縄の象徴で世界遺産でもある、那覇市の首里城が炎上しているのが発見されました。

正殿や北殿、南殿が全焼し、日本国民に衝撃が走っています。

実際の動画や原因、詳細を調べました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

沖縄首里城大炎上の概要

 

31日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で煙が上がっていると、警備会社から119番があった。
正殿などが激しい炎を上げて燃え、正殿と北殿、南殿が全焼するなど主要7棟の計約4800平方メートルが焼失、
午後1時半ごろに鎮火した。周辺住民30人以上が一時避難したが、けが人の情報はない。
市消防局によると、正殿内部から火が出た可能性が高く、那覇署と出火原因や経緯を調べている。
参照:共同通信

 

スポンサーリンク

 

首里城の場所


沖縄県那覇市首里金城町にある世界遺産である首里城。

今回の火災で正殿、北殿、南殿が全焼しました。 

 

スポンサーリンク

 

首里城詳細

 

首里城正殿などは、戦前に国宝に指定されましたが、戦災で失われ現在の建物は1992年に復元されました。 

首里城は日本と中国の築城文化が融合した独特の建築様式などに価値があるとされ、

2000年に世界遺産に登録されました。 

首里城は沖縄のシンボルで有名な観光スポットで、修学旅行生や訪日外国人の観光客も多く1日約5,000人程の人々が訪れる人気観光スポットです。 

 

今年1月には1989年から始まった復元工事が1992年の完成を経て、ついに30年の時を超え、完全復元となったばかりでした。

 

スポンサーリンク

 

実際の動画

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

考えられる原因

 

考えられる火災の原因としては、暖房器具、照明器具等の漏電による発火、たばこの火の不始末などです。

 

 

さらに、今週末の11月2日(土)から3日(日)17:00から21:30 

首里城公園及び周辺の道路において【万国津梁の灯火(ばんこくしんりょうのともしび)という

キャンドルイベントを開催する予定でした。これらイベントの準備をしていて火が燃え移った可能性も考えられます。 

 

 

また不確かな情報ですが、ネット上では中学生が焚火をしているのを目撃したとの情報も出ています。 

さらに、これまでも文化遺産放火によって焼失してしまう事件が度々起きていま

この首里城の火災も放火が原因であったなら、あまりにも卑劣で許し難い行為です。 

 

 

 

スポンサーリンク

 

日本の世界遺産火災被害

今回の首里城以前にも各地の世界遺産が火災被害にあっています。

 

1949年(昭和24年)奈良県斑鳩町の法隆寺金堂から出火

    国宝の十二面壁画の大半が焼失しました。

    この火災が文化財防火デーの契機となりました。

1933年 愛媛県松山城が放火の被害

1945年 松山城、アメリカ軍の空襲で11棟焼失

1949年 松山城、再び放火により3棟焼失

1949年 北海道松前城 火災により焼失

    当直職員が使用していた「簡易こたつ」が出火の原因とされています。

1950年 金閣寺 僧侶による放火が発生

 

他にも、日本全国で神社やお寺が放火されたり、破壊行為の被害に合っています。

 

スポンサーリンク

 

今後の再建計画は?

 

沖縄のシンボルである首里城がなすすべなく焼け落ちていく様子を見て沖縄の人々は涙を流したと言います。

沖縄の歴史と誇りを象徴する首里城が再び失われてしまった】と大変なショックを受けています 

菅官房長官は、記者会見で

 

首里城は沖縄にとって重要なシンボルだと認識している。再建に向けて政府として全力で取り組んでいく

と述べました。

 

衛藤晟一沖縄担当相

首里城が焼失し心を痛めている。一刻も早く再建しなければならない。内閣府としても音頭を取り、国土交通省や文部科学省とも十分に協議し、県とも相談しながらやりたい

と再建の意向をしめしました。

再建に向けて政府が素早い対応を見せたこと、沖縄の人々の傷ついた心を少しでも癒すことに繋がればと願わずにはいられません。 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

今回の火災で沖縄の人々は大きなショックを受けました。

文化財の存在は、私たち日本人にとって精神的な幸福につながっていると言います。

そして、これらの重要な文化財は私たちの後世にも伝えていかなければなりません。 

 

日本の文化財は【紙と木でできている】と言われるくらい、火災には非常に弱い特徴があります。

日本ではこれまで破壊行為や放火によって文化遺産が消失する事件が相次いで起きています。

悪質な放火、またはテロ行為から文化財を守るために、今後は万全の対策を打つ必要があります。 

 

首里城火災の原因は、まだ明らかになっていません。一刻も早い火災の真相解明と、首里城再建に向けて動き出すことを期待したいと思います。 

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.