虐待

杉原稔章(すぎはらとしあき)Facebook顔画像判明!生後7か月男の子を洗濯機に入れ写真(画像)を送る鬼畜男!KAN-BRED☆STARZメンバー

投稿日:

11月7日 生後7カ月の男の子を洗濯機に監禁、さらに写真撮影までしていた男が逮捕。

男の名前は杉原稔章(すぎはらとしあき)容疑者(28)。

どうやら音楽活動もしているようです。

 

先日はエアガンを発射した夫婦が逮捕されました。

そして今回はいくつか事件にもなった【交際相手の子供】ということです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

広島乳児洗濯機撮影虐待事件の概要

 

 

広島県福山市で交際相手の生後7カ月の息子を洗濯機の中に入れて監禁した疑いで、28歳の男が逮捕されました。
福山市の会社員・杉原稔章容疑者は今年9月、自宅で交際相手の生後7カ月の息子を縦型洗濯機の中に入れ
脱出できなくした監禁の疑いが持たれています。
調べに対して【洗濯機内に入れたことは間違いない】と容疑を認めています。警察は、杉原容疑者が男の子を洗濯機に入れた画像を交際相手に送るために犯行に及んだとみています。男の子の体にはあざもあったということで、警察は虐待を視野に詳しい動機などを調べています。
照:テレ朝

 

 

スポンサーリンク

 

現場の場所

 

現場は広島県福山市加茂町八軒屋にある杉原容疑者の自宅ということです。

スポンサーリンク

 

 

杉原稔章の詳細

男の子を洗濯機に入れる虐待をした男の詳細です。

 

名前 杉原 稔章(すぎはら としあき)
年齢 28歳
住所 広島県福山市加茂町八軒屋
職業 会社員

 

杉原容疑者はどうやらユニットを組んでライブ活動などをしていたようです、

Facebookでライブ告知をしています。

 

 

YouTubeに動画が投稿されていましたので、わかりやすい出演部分からの動画を紹介します。

 


 

 

スポンサーリンク

 

福山で活動されているラップグループのようです。

Twitter検索をしてみると、ほとんどがライブ告知やイベント参加の告知で評判やファンの声などは

見つかりませんでした。

 


 

スポンサーリンク

 

虐待の内容

 

9月7日ごろ、自宅で当時生後7か月の男児を縦型の洗濯機の中に入れ、出られないようにして監禁しました。

当時現場には、男児の母親である交際女性は不在でした。 

 

スポンサーリンク

 

写真を撮影していた

 

杉原容疑者

洗濯機の中に入れたことは間違いない、洗濯機の中に赤ちゃんがいる画像を交際相手に送ろうと思った

 

と容疑を認めています。

 

杉原容疑者がこのような奇行に及んだ動機として考えられるのは、そのような写真を送って、外出中の彼女の気を引こうとしたのでしょうか。

れとも、困らせようと嫌がらせをしたのでしょうか。

 

あるいは、普段からこのような虐待を繰り返していて

面白い写真だろ?

といったネタ見せのようなつもりだったのでしょうか。

赤ちゃんには複数の痣も見つかっていて、警察は日常的に虐待が行われていた可能性も視野に捜査しています。 

 

 

母親は、生後7か月の赤ちゃんを交際相手に預けて外出をしていたことになります。

いくら自分が信頼し好きになった男性だとはいえ、赤ちゃんの父親ではない他人の男性に赤ちゃんのお世話をお願いするのは、非常識だったと言わざる負えません。

なぜなら、虐待される危険性が非常に高いからです。

また、考えたくはありませんが、母親も一緒に虐待していた可能性もあります。 

 

スポンサーリンク

 

続く虐待事件

目黒女児虐待事件に千葉小4女児死亡事件・・・。 

 

凄惨な虐待の末に、幼い子供の命が奪われてしまいました。

子どもたちが受けるあまりにもひどい仕打ちの数々を知ると、現代は人の痛みや苦しみに鈍感になっているのではないかとすら感じます。

もはや虐待を無くすには、道徳を説くだけではなく、厳罰を持って制するしかないのでしょうか。

ハンムラビ法典の【目には目を、歯には歯を】が相応かもしれませんね。 

 

そして、今回もシングルマザーの連れ子が交際相手の男に虐待されるという事件でした。

シングルマザーが育児に大変な苦労をしているのは理解できますが、他人の男を安易に信頼し我が子のお世話を任せることは避けるべきだと思います。

男性は自分の子どもであっても育児に協力的でない人が多い中、連れに対して深い愛情を持って接することができる人はそう多くはありません。

連れ子が継父に虐待される危険性をもっと周知させなければなりません。 

 

スポンサーリンク

 

 

私の感想

日本は先進国の中で幸福低い国だと言います。

生きづらさで抱えた自身のストレスを子供にぶつけて満たそうとする大人が、卑劣な虐待行為を引き起こしているのではないかと思います。

子供はうるさい、子どもは金がかかる、子供はいらない】という考えが浸透しつつあると言います。

育児は本当に大変です。その一方で、子供は大きな幸せをも運んできてくれる存在です。

そんなことにも気付かないほど、余裕のない社会になってしまっているということなのでしょうか。

 

教育だけでなく、社会全体にゆとりが必要なのかもしれません。

これ以上、虐待で子供が犠牲になることがないように心から祈ります。 

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.