虐待

篠原遼(しのはらりょう)顔画像Facebook!美人妻(嫁)の画像も?7カ月咲舞えまちゃん(長女)の首絞め虐待死。子供を人と思わない男!

11月27日大阪府堺市で長女と一緒に入浴中に首を絞めて窒息死させたとして

アルバイトの篠原遼容疑者(24)を傷害致死容疑で逮捕しました

 

お風呂で泣き叫ぶなどがあったのでしょうか。

確かにすごく響いてうるさく感じる事もあるだろうけど、さすがに首を絞めるのはやりすぎです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

大阪堺長女絞殺事件の概要

 

ことし5月、大阪・堺市の自宅で生後7か月の娘の首を圧迫する暴行を加えて死亡させたとして、警察は24歳の父親を傷害致死の疑いで逮捕しました。
調べに対し容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、堺市堺区のアルバイト、篠原遼容疑者(24)で、警察によりますと
ことし5月、当時住んでいた堺市北区のマンションの風呂場で生後7か月の長女、咲舞(えま)ちゃんの首を手で圧迫する暴行を加えて窒息させ、死亡させたとして傷害致死の疑いが持たれています。
警察によりますと、2人で風呂に入った際、咲舞ちゃんが洗い場でぐったりしているのに気づき、119番通報をして病院に運ばれましたが、まもなく死亡したということです。
当時の状況について篠原容疑者
風呂の中で泣いたので、泣きやんでほしいという思いで、のどぼとけ付近を何回か指でつまんだ】と説明し
警察は複数の医師の話を聞くなどした結果、こうした行為が死亡した原因だとして27日、逮捕しました。
調べに対して、容疑を否認しているということです。
以前から泣かれた際、首をつねったり、口にほおをあてたりしていたということで、警察は育児の実態などを調べています。
現場の部屋に駆けつけたという近所の男性は
女性の叫び声が聞こえて部屋に向かうと、血の気のない表情の赤ちゃんが横たわっていた。母親は取り乱した様子だったが、父親は非常に落ち着いていて不思議だと思った。駆けつけた人が赤ちゃんに心臓マッサージをしていた】と当時の様子を振り返りました。
そのうえで【一緒に買い物にでかけるなど仲のよさそうな家族だった。かわいそうとしか言いようがない】と話していました。
参照:NHK NEWS WEB

 

 

スポンサーリンク

 

現場の場所

現場は、篠原容疑者が当時住んでいた堺市堺区金岡町のマンションだということです。

 

スポンサーリンク

 

篠原遼の詳細

長女の首を絞め殺害した男の詳細です。

 

 

名前 篠原 遼(しのはら りょう)
年齢 24歳
住所 大阪府堺市中安井町
職業 アルバイト

 

顔画像はFacebookに掲載されていました。

またTwitterには妻と思しき女性と一緒に映っている写真が投稿されています。

ただ撮影当時の彼女の可能性もありますので、掲載までは控えさせていただきます。

興味のある方はこちらからご確認下さい

Facebook

 

Twitter

 

スポンサーリンク

 

動機

 

調べに対して篠原容疑者

【首を指でつまんだが、娘はその時泣いていたので死んでいない】
【頭髪を洗う際に咲舞ちゃんを近くのバスマットの上に座らせたが、気付いたら反応がなくなったので自ら119番した】

 

と言っているとのことです。

 

事件当時現場の部屋に駆けつけたという近所の男性は

【女性の叫び声が聞こえて部屋に向かうと、血の気のない表情の赤ちゃんが横たわっていた。母親は取り乱した様子だったが、父親は非常に落ち着いていて不思議だと思った

と言っています。

 

入浴中の赤ちゃんが突然意識がなく反応が無くなったとしたら、訳が分からず母親の様に取り乱すのが普通なのではないでしょうか。

父親の篠原容疑者が落ち着いているように見えたということは、自らが何か手を下して起きたことだとわかっているからなのだと考えられます。

しかも、容疑を否認しているということは未だに罪の意識もなく反省もない状態でいるのでしょうから、恐怖すら感じます。

咲舞ちゃんを愛情を持って可愛がるのではなく、泣いたら煩わしくなって泣き止ませることにばかり気を取られ、口をふさいだり首を抑えたりして終いには殺してしまったのでしょう。

殺意の有無という話ではなく、赤ちゃんを物の様に扱ったのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

虐待の背景など

 

調べによると、篠原容疑者は以前から咲舞ちゃんが泣いた際に、首をつねったり、口にほおをあてたりしていたことがわかっています。

日常的に虐待行為を行っていたのでしょう。

行為が日に日にエスカレートして、終いには殺してしまったのだと思われます。

当時自宅には妻がいましたが、異変に気付かなかったとみられています。

まるでいたずらするかの様に、妻の目を盗んで咲舞ちゃんに虐待を行っていたのでしょうか。

あまりにも幼稚で、篠原容疑者には父親としての自覚は無かったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

7か月の赤ちゃんが、父親によって虐待死されられるのはあまりにもかわいそうでなりません。

しかも、父親には容疑を否認していて、全く罪の意識もないのですから悲しすぎます。

お腹を痛めて生んだ母親の大きな母性に比べて、父親の父性が未熟なまま赤ちゃんを迎えることが、このような虐待を引き起こす原因になっている可能性もあります。

妊婦検診には父親の同席を義務付けるなど、父親になる自覚を植え付ける準備期間が必要なのかもしれません。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.