事故・事件

島原剛顔画像!無免許運転で事故を起こす信じられない男!東海北陸自動車道玉突き事故

11月18日午後5時20分ごろ、愛知県一宮市大和町の東海北陸自動車道上り尾西インター付近で、玉突き事故が発生。

この事故で無免許運転の島原剛容疑者(40)を逮捕しました。

 

無免許な上に事故を起こす。

もう救いようが無い男です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

東海北陸自動車道玉突き事故発生の概要

 

 

18日午後5時20分頃、愛知県一宮市の東海北陸自動車道上り線で、乗用車など5台が絡む玉突き事故が起きた。車に乗っていた19~68歳の男女13人が病院搬送され、このうち19歳の男性が意識不明だという。

愛知県警高速隊や一宮市消防本部の発表によると、現場は片側2車線の直線道路。事故を起こしたのは乗用車3台、軽乗用車2台で、事故当時、道路は渋滞していたという。同隊が原因を調べている。

参照:読売新聞オンライン

 

 

スポンサーリンク

 

現場の場所は?

現場は、東海北陸自動車道上り、尾西インターチェンジ(IC)と一宮西インターチェンジ(IC)の間の直線道路ということです。

 

スポンサーリンク

 

島原剛の詳細

無免許で玉突き事故を起こした男の詳細です。

 

名前:島原 剛

年齢:40歳

住所:愛知県名古屋市西区中沼町

職業:人材派遣業(自称)

 

島原容疑者は普通免許は所持していましたが2008年に失効していて、現在は無免許の状態でした。

島原容疑者は、約10年近く無免許状態で運転していたことになります。

 

10年で交通法や運転のルールも変化してるのに講習を受けていないということは、それらの知識もなく運転を続けていたということです。

考えると、とても恐ろしいですね。

 

島原容疑者の顔画像は発表されていません。

FacebookやTwitter等も確認できませんでした。

判明し次第更新させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

被害者情報

島原容疑者の追突が契機となって後続車5台が相次いで玉突き衝突し、19~68歳の男女13人が病院に搬送されています。

 

このうち、軽乗用車の後部座席に乗っていた男子大学生を含む計3名が脳内出血などの重傷です。

 

事故を起こしたのは、乗用車3台、軽乗用車2台だと判明しています。

 

スポンサーリンク

 

事故の原因は?

 

地図を見てもわかる通り、事故が発生した現場は見通しのよい直線道路です。

2車線の道路で普段は渋滞は無いエリアだと言われています。

 

しかし、事故当時は帰宅ラッシュの時間帯で渋滞が発生していたといいます。

警察の調べでは、現場にブレーキを掛けた痕跡がなく

前をよく見ていなかったことで衝突したのではないかとみられています。

 

前方不注意による事故の原因として考えられるのは、居眠り運転やわき見運転です。

 

島原容疑者は仕事で疲れていて居眠りをしてしまったのでしょうか。

または、運転中にも関わらず携帯電話などを操作していてわき見運転になってしまったのでしょうか。

 

車の運転では、一瞬の油断や判断のミスが大事故につながってしまいます。

だからこそ、前後左右に気を配り、気を引き締めて運転に臨まなければなりません。

特に高速道路ではスピードが伴いますので、より早い判断力と集中力が必要です。

ですので、高速道路で居眠り運転やよそ見運転をした場合は、自らの命を落とすことになってしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

自身が凶器となって多くの人を傷つけ、最悪の場合は殺してしまう可能性があることを自覚しなければなりません。

無免許運転をして事故を引き起こした島原容疑者は、悪質極まりない行為を深く反省し罰を受けて頂きたいと思います。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.