世の中の話

星稜奥川はプロ級投手!注目の右腕は彼らとも同じチームだった?

3月23日から甲子園で開催されている春の高校野球大会。

91回目となる今年の初戦に優勝候補の2校がいきなり激突。

石川県星稜と大阪府履正社だ。

プロ級と言われる奥川について

調べてみました。

奥川について

今日の履正社戦。先発投手として出場した

【大会NO.1右腕】と言われている奥川とは

どんなピッチャーなんでしょうか。

参考:Yahoo!

名前 奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ)
生年月日 2001年4月16日
出身校 石川県かほく市立宇ノ気中学校
身長体重 183センチ 82キロ
投打 右投右打
球速 151キロ
球種 スライダー フォーク カーブ

 

星稜と言えば元巨人でヤンキースでプレイしていた

松井秀喜が有名ですよね。

そしてその松井以来と言われているのが

この奥川です。

 

スポンサーリンク

 

スカウト陣に

【高校生離れしている】

と言わしめた奥川

一部では巨人軍の菅野のようとの話も。

 

そんな奥川が野球を始めたのは小学生。

両親の影響でと言われています。

小学2年から地元のチーム【宇ノ気ブルーサンダー】に所属。
6年時には県大会で優勝しています。

中学では軟式野球部に所属。ここで本格的に投手に専念。
3年時には全国制覇をし、卒業後は現在の星稜高校に進学しています。

1年の秋からエースで活躍。
2年の春・夏と甲子園に出場したが、春のベスト8が最高順位に。
今年の春では大会NO.1右腕として期待されています。

 

 

 

動画は惜しくも準優勝に終わった神宮大会でのピッチングです。

 

 

スポンサーリンク

 

奥川の今日の活躍は?

今日の大会一日目第三試合優勝候補の

大阪府【履正社】と対戦。

自己最速の151キロを記録。

17奪三振3安打の3-0で完封勝利しています。

 

 

 

優勝候補同士の対戦でこのピッチング。

今後の試合が楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

奥川がU-18に?

奥川が2年の時、実はU-18に選ばれているんですね。

この時に一緒にプレイしたのが今年ドラフトを賑わせた

大阪桐蔭の根尾昴金足農業の吉田輝星なんですね。

この二人が3年だったにも関わらず、奥川は2年で選出されています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

試合のネットの反応を見てみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ネットにはあの【マー君】こと田中将大に似ているとの声も。

確かに笑顔は似ているかもしれません。

スカウト陣も大注目のイケメンの活躍に

目が離せませんね!

次の試合も追いかけていきたいと思います。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.