事故・事件

阪上裕明(さかうえひろあき)顔画像Facebook!SNS誘拐!手口と動機は?

Twitterで家出を希望する投稿をしていた女子中学生を約2カ月、借家に誘拐したとして、不動産業の阪上裕明容疑者(37)を未成年者誘拐容疑で逮捕しました。

 

先日に世間を騒がせた赤坂彩葉ちゃん誘拐事件。

他にも同様の事件が起きていたなんて……。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

SNS誘拐事件の概要

 

 

ツイッターで家出を希望する投稿をしていた兵庫県の女子中学生を約2カ月、借家に誘拐したとして、埼玉県警浦和署は27日、同県本庄市の不動産業、阪上裕明容疑者(37)を未成年者誘拐容疑で逮捕した。阪上容疑者は同様の手口で県内の別の女子中学生を誘拐したとして同容疑で逮捕、起訴されている。

逮捕容疑は8月28日~10月29日、兵庫県の女子中学生を自身が管理する本庄市内の借家に住まわせるなどして誘拐したとしている。少女はツイッター上に家出を希望する投稿をしており、阪上容疑者は利用者同士が非公開でやりとりできる「ダイレクトメッセージ」で「埼玉においで、勉強するなら養ってあげる」と誘い込んだという。阪上容疑者は容疑を認め、「将来的に自分の経営する会社の従業員にしたかった」と話しているという。女子中学生にけがはなく、借家で不動産業などについての勉強をしていたという。

起訴状によると、阪上容疑者は9月16~17日、家出を希望する埼玉県内の中学生に「同じ年の子が居候しているから相談にのるよ。生活費は出してあげるから生活を心配することはない」などと送信。9月17日ごろから10月29日まで同じ借家に誘拐したとされる。

借家は阪上容疑者の自宅とは別で、少女2人を住まわせていた。

9月に埼玉県内の女子中学生の父親が浦和署に相談。ツイッターのやり取りなどから本庄市の借家が判明し、10月29日に借家に浦和署員が訪れ、少女2人を発見した。

参照:毎日新聞

 

スポンサーリンク

 

現場の借家は?

 

現場は、【埼玉県本庄市の阪上容疑者が管理する借家】でした。

 

スポンサーリンク

 

阪上裕明の詳細

名前 阪上 裕明(さかうえ ひろあき)
年齢 37歳
住所 埼玉県本庄市東台5-1-7(会社兼自宅)
職業 不動産会社 代表取締役

阪上容疑者の会社名:【圏央アセットマネジメント株式会社

阪上容疑者のFacebook:https://www.facebook.com/hiroaki.sakaue.77

 

 

 

スポンサーリンク

 

中学生詳細ときっかけ

誘拐されたのは兵庫県に住む女子中学生でした。

二人が出会ったきっかけは、少女がTwitter上に家出を希望する投稿をしたことでした。

阪上容疑者は利用者同士が非公開でやりとりできる【ダイレクトメッセージ】に

埼玉においで、勉強するなら養ってあげる】と返信し、誘い込んだといいます。

 

そうして、8月下旬から約2カ月間、兵庫県の少女を埼玉県本庄市内の自身が管理する借家に住まわせるなどしていました。

調べに対して阪上容疑者は容疑を認めていて

将来的に自分の経営する会社の従業員にしたかった】と話しているということです。

会社の従業員にしたかったのであれば、少年でもいいはずなのに少女ばかりを誘い込んでいたのはなぜなのでしょうか。

女子中学生にけがはなく、借家で不動産業などについての勉強をしていたといいます。

さらに、阪上容疑者は先月にも、同じ借家にさいたま市の女子中学生を誘拐し、1か月余り住まわせたとして逮捕・起訴されています。

この少女ともTwitterで知り合い

同じ年の子が居候している。相談に乗るよ】とメッセージを送って誘っていたといいます。

2人は外出もでき、食事も1日3食出されていて、入浴もさせていたといいいます。

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

気になったネットの声をご紹介します。

 

思春期の多感な時期は、親を煩わしいと感じて家出願望が芽生えることがあります。

そういった時、SNS上の見ず知らずの人間に助けを求めるのはあまりにも危険です。

少年少女の心の拠り所を作ってあげることが、このような事件が多発するのを防げるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

また、SNSで少女を自宅へ誘い出し誘拐する事件が起きました。

SNSの利用は、匿名の投稿ができることから悪意を持つ人との接触するリスクを伴っています。

誘拐事件に我が子が巻き込まれない為にも、各家庭で話し合い、子どもたちの年齢に適した「ソーシャルメディアガイドライン」を作成する必要があるのではないでしょうか。

 

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.