優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

大津正面衝突事故

新立文子(しんたてふみこ) 下山真子(しもやまみちこ)の顔画像特定?今回も現行犯逮捕か?飯塚幸三との比較

更新日:

5月8日 午前10時15分頃 滋賀県大津市の通称さざなみ街道でで車2台が衝突し

はずみで歩道で信号待ちをしていた保育園児の列に突っ込む事故が発生しました。

この事故で園児の男女2人が死亡。

他15人が病院に搬送される重大事故に・・・。

 

車を運転していた新立文子(しんたてふみこ)容疑者(52)を現行犯逮捕。

下山真子(しもやまみちこ)(62)に関しては8日夜に釈放されています。

 

事故詳細と池袋暴走事故の犯人・飯塚幸三との簡単な比較もしました。

 

犠牲になった男の子の詳細はこちらです↓↓↓

優しい世界
優しい世界
https://yasasiisekai.com/itogakuchan-otsujiko/%20‎
世の中の話をわかりやすくまとめました

 

犠牲になった女の子の詳細はこちらです↓↓↓

 

保育園園長の涙の記者会見の様子はこちら↓↓↓

優しい世界
優しい世界
https://yasasiisekai.com/otsujiko-kaiken/%20‎
世の中の話をわかりやすくまとめました

 

大津園児多重衝突事故の概要

 

 

 

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路で、
軽乗用車と乗用車が正面衝突し、
はずみで軽乗用車が近くの歩道を歩いていた
「レイモンド淡海保育園」(同市萱野浦)の園児13人と保育士3人の
計16人の列に突っ込んだ。滋賀県警大津署によると、
計15人が病院に搬送され、2歳の園児男女2人の死亡が確認された。
ほかに園児の男女2人が重体、園児と保育士女性2人が重軽傷を負っているもようという。
警察は軽乗用車を運転していた大津市の下山真子(62)と、乗用車を運転していた同じく大津市の新立文子容疑者(52)の2人を逮捕し、過失運転致死傷の疑いで事故の状況を詳しく調べています。
下山真子さんは8日夜に釈放されいる。
参照:Yahoo!

 

スポンサーリンク

 

調べに対して

新立文子容疑者は【前を見ていなかった】

下山真子さんは【右折車をよけようとハンドルを左に切った】

とそれぞれ供述しています。

 

下山さんが釈放されたのは、新立文子容疑者がぶつかってきた影響で園児に突っ込んでしまった

という見立てからなんでしょうか。

不可抗力・・・そして逮捕されていないとはいえ、直接ぶつかったのは下山さんの車。

 

割れるフロントガラスの内側から、迫っていく歩道の園児達は見えていたのでしょうか?

ぶつかった衝撃で目を瞑っていたのならまだマシですが・・・

もし目を開いていたら・・・精神的なストレスは半端無いのでは・・・。

 

スポンサーリンク

 

車を運転していた二人の詳細

逮捕されたのは、新立文子容疑者です。

 

名前 新立 文子(しんたて ふみこ)
年齢 52歳
住所 大津市一里山3丁目
職業 無職

事故の原因となった車の運転手です。

自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で逮捕されています。

 

【前を見ていなかった】と供述していますが、では一体どこを見ていたのか・・・。

右折しようとしていた瞬間なので、ミラーで後方を確認していたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

直進していた方の車に乗っていたのは下山真子さんです。

名前 下山 真子(しもやま みちこ)
年齢 62歳
住所 大津市
職業 無職

下山さんは8日夜に釈放されています。

直接の原因になった車両では無い為なのかもしれないですね。

 

右折していた新立文子容疑者を回避しようとハンドルを切ったが、避けきれず歩道に突っ込んでしまった・・・。

 

下山さんからしたらやりきれないでしょうね・・・。

自分がもっとこうしていれば、ああしていれば・・・ブレーキを早く踏んでいれば・・・

もっと言えば、5分早く買い物先から出発していれば・・・まで思うかもしれません。

 

幸い後続がなかったので、被害は広がらずに済みましたが。

それでも2つの幼い命が消えてしまった事実はかわりません・・・。

 

スポンサーリンク

 

飯塚幸三容疑者との比較

今回2つの命が犠牲になってしまいました。

そして現行犯で逮捕されています。

ここで思い出すのが先月起こった池袋の暴走事故。

 

令和になり、改元のお祭り騒ぎや、池袋暴走事故から続く三宮バス事故。

それ以降も幼い子供たちが犠牲になる事故が続きました。

そしてどれも現行犯逮捕。

三宮バス事故の運転手に至っては救護義務を全うしていたのに現行犯。

 

義務を果たすというのは当たり前。

しかし飯塚幸三はそれすらもせず、息子に連絡し自らのフェイスブックアカウントを消去させたとの情報もあります。

この時点で証拠隠滅の恐れがないに反しているのではないですか?

 

スポンサーリンク

 

それでも逮捕されない理由として、ネットにはいろいろな情報が飛び交っています。

息子が警察官僚と繋がっている

・元経産省官僚

・原発設置に関わっている

・クボタの元副社長

・勲章所持者

 

太字以外は情報ソースもあるので事実です。

 

そして飯塚幸三本人の証言だった

アクセルが戻らなかった

これに関してはメーカー警察立ち合いの元の検査結果が出ていて

【異常がなかった】

とのこと。

 

車の機能の責任にして逃れようとのしたのかもしれませんが、それもこの検査で不可能になりました。

その結果を受け、やっと警察は飯塚幸三の自宅を

【自動車運転処罰法違反の容疑】で家宅捜索しました。

一体何が出てくるのでしょうか・・・。

最悪、世間の目を気にしたパフォーマンスの可能性も拭えませんが・・・。

 

スポンサーリンク

 

ここで今回の事故との比較を少しみてみましょう。

 

  大津衝突事故 池袋暴走事故
被害者数 2名 2名
運転手の年齢 52歳 87歳
証拠隠滅の可能性/必要性 なし/なし あり/あり
救護義務 果たしていない 果たしていない
逮捕の仕方 現行犯 逮捕されていない
容疑者の状態 正常 入院中
容疑者発表までの時間 約3時間半 約7時間
勲章の有無 なし あり

 

ポイントとなるのはやはり逮捕関連。

飯塚幸三本人が入院中ということや、逮捕してしまうと起訴までにタイムリミットが出来てしまうなのでの

デメリットもありますが、犯した罪の結果は変わらないはず。

その場で現行犯になるべきではないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

それでも逮捕されないのは

勲章の有無や黒い繋がりが政界にまで及んでいて何か別の力が働いているから

と考えてしまうのは、当然のことと思います。

 

実際は報道も既にされなくなったので分かりませんが・・・。

それでも未だに謝罪の一文も発表されていません。

それは人としてどうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

私の感想

飯塚幸三の事故に関してはインドネシアの新聞では逮捕されないことが記事にされていました。

・・・少し話が逸れてしまった部分もありますが・・・

こうも似たような事故が続くと池袋の事故があまりに特異に感じてしまいます。

 

以上、ありがとうございます。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.