優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

野菜の話

美味しい春キャベツの見分け方は?キャベツとの違いは?特徴や栄養を調べてみた

更新日:

寒く長い冬が終わりに近づき、今からが旬の春キャベツ。

甘味があって柔らかいので生でそのまま食べたりすると美味しいですよね。

しかし春キャベツですが、普通のキャベツと何が違うのでしょうか?

色や形は一緒。でも【キャベツ】ではなく【春キャベツ】。

そんな春キャベツを調べてみました。

美味しい春キャベツとは?見分け方は?栄養や効能はあるのか?

美味しい春キャベツの見分け方は?

いきなり答えですが・・・こういうキャベツを選びましょう。

あまり重たくないもの

外葉の色が緑の濃いもの

葉っぱ巻き方がゆるふわなもの

それでは一つずつ解説していきましょう。

重たくないものを選びましょう!

え、キャベツって重たい方がイイんじゃないの?

そうです、重たい方がイイんです・・・キャベツは!

しかし春キャベツはそうでは無いんです・・・。

春キャベツの重たい物というのは中身が固くなっていたり、葉っぱも硬いものが多いです。

折角なら柔らかい葉が付いた、重すぎないものを選びましょう。

葉っぱの緑が濃いものを選びましょう

春らしい緑の葉っぱのものを選ぶわ

葉っぱの濃さは後程詳しく紹介しますが、栄養素が多く含まれている証です。

甘味はありませんが食感がイイので、炒め物など中身とは違った楽しみ方ができます♪

 

ゆるふわキャベツを選びましょう!

ゆるふわ系って、私みたいね

↑の女性がゆるふわ系かはわかりませんが、春キャベツはゆるふわキャベツを選んでください。

ふんわりとした葉が特徴なので、しっかりと巻いたものより

少し柔らかめのものを選んでください。

 

ちなみにスーパーでは半分に切られたものが置いてありますよね?

その際は上記に加えて、芯の大きさにも注目してください!

春キャベツの芯の大きいものには苦味が含まれている場合があります。

断面が分かる場合には、この部分にも注目してみて下さい。

 

スポンサーリンク

春キャベツの栄養素が豊富って本当?

先程少し触れましたが濃い緑の外葉には豊富な栄養素が含まれています。

まずはそれについてお話していきましょう。

栄養素について

旬の春キャベツには以下のような栄養素が含まれています。

ビタミンC ビタミンU イソチオシアネート
ビタミンK カリウム カルシウム
食物繊維

みなさん、キャベジンってご存知ですか?

胃の状態を正常に戻してくれることで有名な胃腸薬です。

 

このキャベジンの主成分と言われているのがビタミンUなんです。

揚げ物料理と一緒に付け合わせとして出てくるキャベツですが、実は胃に粘膜を張ってくれる

役割を持ってたんですね!

ですので、キャベツも残さずちゃんと食べましょう。

またイソチオシアネートは辛み成分として含まれています。

このイソチオシアネートは解毒酵素や抗酸化作用を活性化させることから、がん予防

効果的とされております。

 

老化予防や肝機能のアップにも一役買っているイソチオシアネートですが

実は熱に凄くい弱いんです!

ですので積極的に摂取していくには、生で食べるのが一番効果的とされています。

 

ビタミンCについては後述の【キャベツとの違い】でも紹介しますが

キャベツと比べて春キャベツの方が約1.3倍多く含まれています!

また量にして春キャベツ100gの内41gがビタミンCなんですね。

 

このビタミンCは中身の白い葉に多く含まれています。

ビタミンCは一日の摂取量が約100gなので・・・つまり1日に春キャベツの葉を2~3枚食べれば

それだけで補えちゃいます!

ちなみ・・・このビタミンCの摂取量、レモンで例えると約半玉ぐらいになります。

レモン半分と春キャベツ3枚・・・どちらが食べやすいでしょうか?

(私は春キャベツを選びますw)

  

 

スポンサーリンク

キャベツとの違いは?

さてここでもう一つのキャベツについてお話しなければなりません。

そう

普通のキャベツ

です!

 

春キャベツについては上記の通り栄養素や見分け方についてお伝えしました。

しかし今の季節、スーパー等ではもう一種類キャベツが置いてあるはずです。

ここからは特徴の違いや種類などをお伝えしようと思います。

キャベツの栄養は?

まず栄養についてですが、主成分としてはほぼ変わりありません。

しかし上述のビタミンCやカロテンに関しては春キャベツの方が含有量が多い事がわかっています。

元々水溶性のビタミンCですので、含有量が多いという事はその分摂取できる量も多いという事なので

今の時期だけの春キャベツの方が栄養価は高いといえそうです。

 

忙しくても野菜は食べないとなぁ

 

キャベツの特徴は?

ここでもいきなり答えを・・・・。

ずっしりとして重たい
葉っぱの巻きはしっかりしている
鮮やかな緑で葉っぱはハリのあるものが好ましい

・・・

・・・どうですか?

お気づきですか?

春キャベツとは逆なんです!

 

同じキャベツなのに特徴は反対なのね

 

詳しくは後述の【キャベツの種類】でお伝えしますが、姿形はよく似ていても、特徴は少し違って

いるんですね。

   

 

スポンサーリンク

キャベツの種類

さて、これまで春キャベツキャベツについてお伝えしてきました。

春キャベツは今の時期だけのものでキャベツはそれ以外の季節のもの・・・・

これは半分だけ正解といえます。

 

え、半分だけ?と思われるかもしれませんが、実はもう一種類・・・

キャベツには仲間がいるんです。

その名も夏秋(かしゅう)キャベツ!

 

呼んで頂ければわかりますが、夏や秋に収穫されて市場に出回る種類です。

生産地が群馬県嬬恋など高原が多い事から【高原キャベツ】とも呼ばれています。

そしてキャベツはというと・・・・出回る時期からいうと

冬キャベツ】という事になります。

 

この冬キャベツ夏秋キャベツ

品種的には同じものなのですので、選び方や特徴も同じになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、春キャベツの見分け方について調べてみました。

ではおさらいとして、これら3種類の出回る時期と選び方を表にまとめてみました。

出回る時期 選び方
春キャベツ 2月~5月 重たくない 外葉の濃いもの ゆるふわキャベツ
夏秋キャベツ 6月~10月 ズッシリ重たい 葉っぱの巻きがしっかり 葉の緑の濃いもの
冬キャベツ 11月~1月 夏秋キャベツと同じ

となります。

 

1年中スーパーで見かけるキャベツ。

しかしその季節によって、種類が違う事がわかりました。

明日からお買い物の時はこの話を思い出して、美味しいキャベツを選んであげてください。

野菜が美味しいと食事が楽しくなります。

食事が楽しいと毎日が楽しくなります。

毎日が楽しいと人生が楽しくなります。

みなさんも野菜と共に、楽しい人生を過ごしましょう!

 

ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.