事故・事件

スタントマン(中村佳弘さん)死亡事件。原因は?スタント会社の詳細を調べてみました

4月12日午後2時20分頃 京都市山科区の市立勧修中で交通安全教室として

交通事故の再現が行われた。

その際にスタントをしていた中村佳弘さんがトラックに轢かれ死亡するという事故が起きた。

 

中学生の目の前で起きたこの事故。

一体なぜ起きたのか。運営方法に問題はなかったのか。

スタント会社の詳細を調べてみました。

 

スタントマン(中村佳弘さん)死亡事件の概要

中村さんは、歩行者が道路の横断中に車にはねられるという事故を再現。
時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき
安全に着地する想定だったが失敗。
そのまま地面に落ち、車体下に巻き込まれたという。
走行車両のトラックは同僚男性(38)が運転していた。
交通安全教室は京都市が主催。全校生徒や教職員を含む約570人が参加していたが、事故後に中止された。
参考:Yahoo!

 

想定していた状況はなんとなくわかります。

恐らく横断歩道のない道路を渡ろうとした歩行者をトラックが轢いてしまう。

そういう流れではないでしょうか。

 

しかし疑問に思うのは、轢かれた後のアクション。

走行するトラックのバンパーにしがみつき

これって安全なんでしょうか?

ジャッキーチェンの映画に出てきそうな状況が浮かんだんですが・・・。

いくら時速10キロとはいえ見た目的には引きずられているようにしか見えません。

 

スポンサーリンク

 

さらに問題なのが

全校生徒や教職員を含む約570人が参加していた
これなんでよね。
 
つまり中学生450以上の前で人が死んだんです。
 
 
言葉に問題があるかもしれませんが、交通安全教室の性質上
 
この再現を【見せられていた状況】とも受け取れはしないでしょうか。
 
特に最前列付近の子達は後ろに比べてよりリアルに見てしまったはず。
 
 
この子達が受けた衝撃は計り知れないものがあると思います。
 
報道はされていませんが、生徒たちの中にも気分を害して病院に運ばれた子達がいてもおかしくありません。
 
私が生徒の立場なら、気分が悪くなって立ってもられないと思います。
 
 
スポンサーリンク
 
 

中村佳弘さんと同僚男性について

亡くなられた中村佳弘さんと同僚男性については以下の通りです。

名前 中村佳弘 (なかむら よしひろ)
年齢 34歳
職業 スタントアルバイト
住所 福岡県春日市
発表があったのは以上です。
 
トラックを運転していた同僚男性(38)については詳細が発表されていませんでした。
 
警察も原因状況含め、捜査中なんだと思います。
 
 
もし逮捕という事になれば業務上過失致死?にあたるのでしょうか?
 
故意ではないにしろ、仕事中に起きた事故で中村さんは亡くなっています。
 
同情の余地はありますが、何かしらの措置はあるんでしょうね・・・。
 
 
中村佳弘さんは胸などを強く打ち病院に搬送されましたが約7時間後に死亡しています・・・。
 
 
スポンサーリンク
 
 

運営会社について

今回の交通安全教室の運営を委託され進行していたのは

東京都渋谷区にあるスタント会社「ワーサル(公式HP)

という会社です。

 

タレント事業や忍者公演事業・バク転等アクション指導・講師派遣・レンタルスタジオ運営・アウトソーシング事業・一般人材派遣事業までトータルヒューマンプロデュース”のサービスをご提供いたします。
参考:公式HP

とある通り、人材サービスを幅広く展開している会社のようです。

今回の再現に最も近いと思われる動画がありました。

 

 

確かにバンパーを持ったまま引きずられています。

しかしおよそ安全には見えないような・・・。

 

参考動画も豊富にありますし、フェイスブックのアカウントで告知なども行っているようです。

手慣れた進行で今回も進んでいたのではないでしょうか。

となると、中村さんの手が滑ったとか等が原因となってくるのでしょうか。

それは今後の捜査で明らかになってくると思います。

 

運営会社の所在地です↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

 

心配する声

ネットでは生徒と中村さんを心配する声が上がっています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いくら練習を積んだスタントマンといえど、いつ何が起きるかわからないのがよくわかりました。

学校側もある意味被害者なのですが、まず第一に生徒たちのケアをしっかりして欲しいと思います。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.