事故・事件

宮本沙季ちゃん顔画像やおじいちゃん(祖父)が事故を起こしてしまった原因は?現場を特定!広島孫轢死事故

投稿日:

11月5日 午後1時前 広島県広島市のファミリーレストランでおじいちゃんが運転する車が

孫を轢いてしまう悲惨な事故が発生。

 

事故現場や原因など、詳細を調べたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

広島轢死事故の概要

 

5日午後1時前、広島市西区のファミリーレストランの駐車場で5歳の女の子が72歳の祖父が運転する乗用車にひかれ、死亡した。
事故があったのは、広島市西区のファミリーレストランの駐車場。警察によると午後1時前、
72歳の男性が運転する乗用車がバックで駐車しようとしたところ、車の後ろにいた孫の5歳の女の子が駐車していた別の車との間に挟まれた。
女の子は心肺停止の状態で病院に運ばれたが、死亡が確認された。警察によると、祖父は車を駐車する直前に女の子を車から降ろしていた。
参照:日テレ

 

スポンサーリンク

 

当時ご飯を食べに来ていたという事で、祖父が2人きりで来る程、

可愛い孫のことを可愛がっていたのでしょう。 

その祖父の気持ちを考えると、ますます悲惨な事故ですね。 

 

 

 

スポンサーリンク

 

現場はどこ?

現場となったのは、広島県広島市西区町にある

ファミリーレストラン・ロイヤルホスト三条店の駐車場という事です。 

 

スポンサーリンク

 

祖父の詳細

車を運転をしていたのは、祖父ですが、名前等はまだ調査中です。 

職業は会社役員をされているという情報がありました。 

 また、年齢は72歳とのこと。

 

また、被害にあった宮本沙季(みやもと さき)ちゃんとは名字が違うとの情報もありましたので、

もしかすると母親方の祖父だったのかもしれません。 

 

沙季ちゃんの自宅は安佐南区山本新町3丁目だという事ですので、

お出かけの途中だったのか、祖父の家の近くだったのかも知れませんね。 

 

宮本沙季ちゃんに関しては5歳という以外は判明していません。

顔画像などのプロフィールが判明し次第、更新させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

事故の原因は?

 

事故の際、駐車の直前で沙季ちゃんを下ろし、待っているように伝えた後、車を動かしたのだそう。 

その際、後ろにいた沙季ちゃんを、背面に止まっていた車の間に挟んでしまったのだそうです。 

 

ネットでもいくつかの声が上がっていますが、

5歳の子供を保護者のいない状況で先に下ろすのは危険だったのではないか

という点が気になります。 

 

祖父からすると車の横や前方の他車の交通がある場所よりは、

ある程度の間隔がある車の間の方が安全と考えたのでしょうか? 

 

 

実際の駐車場にある車止めの画像です。

祖父の運転する車は、駐車時にこの車止めを乗り越えていったそうです。

 

死亡に至ったのは、やはりこの乗り上げるほどのスピードで、背面の車との間に挟んでしまった事しょう。 

もしかすると、少し離れた場所で待っているように伝えたものの、動いてしまったのでしょうか? 

 それに気づいた祖父がブレーキとアクセルを踏み間違えたのかも知れません。 

 それにしても、自分の手で殺めてしまった祖父は、やり切れない後悔の気持ちばかりでしょう。 

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

ネットの声にもありますが、この事故は祖父が孫を…という事で、

祖父にも家族にも、もちろん沙季ちゃんも不幸な出来事となってしまいました。 

 私達も今一度、“安全”とは何か考えていきたいですね。 

 

 

亡くなった宮本沙季ちゃんのご冥福をお祈りします。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.