虐待

真岡ひかり幼稚園暴言先生特定?子供の心を傷付けて解雇だけでは許したくない!!

7月31日 栃木県真岡市の認定こども園【真岡ひかり幼稚園】で

死んでしまいなさい

と暴言を吐いた先生が解雇されたことがわかりました。

 

先日は下関で暴力を振るった保育園に市が立ち入りを行いました。

言葉遣いは丁寧ですが言ってる事は大人でも傷つく酷い内容です。

 

スポンサーリンク

 

真岡ひかり幼稚園暴言問題の概要

 

 

 栃木県真岡市寺内の認定こども園「真岡ひかり幼稚園」(園児数約200人)で
保育教諭らが2歳の園児たちに「死んでしまいなさい」などと不適切な言葉で指導していたことが
30日、わかった。市は園側に事実を確認した上で、再発防止策の策定などを求めた。
真岡市や同園によると、6月頃から複数の保育教諭らが、2歳児組(23人)の園児たちに対し
「死んでしまいなさい」としかるようになった。
また、食事やトイレの指導の際にも「廊下に出ろ」「邪魔」「うるさい」などと不適切な言葉を使っていたほか、何人かの園児を明かりのついていない教材室に数分間入れたこともあった。
参照:読売新聞

 

スポンサーリンク

 

言う事を聞かない子供はたくさんいます。

やんちゃな男の子や、お姉さんぶりたい女の子。

それぞれの子達に合わせて先生も臨機応変に保育をしなければなりません。

 

それでも言っていい言葉といけない言葉があるはず。

子供だって人間です。

死んでしまいないさい】と言われて小さい心が傷つかないワケがありません。

 

昼間のお母さん・・・その責任を全て押し付けるのは親として間違っている気はしますが

両親から信頼を受けて預かっている以上、一定の責任を持って接して欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

問題の幼稚園は?

暴言を吐いた先生がいた幼稚園の場所です。

名前 真岡ひかり幼稚園
住所  栃木県真岡市寺内75
園児数 208人
教育理念 ・子どもたちが、いつまでも「素直な心」を育むように考えています
・子どもたちが、やさしく明るく元気な子になるよう豊かな環境を整えます
・子どもたちが、友だちとチャレンジする協同制・探究心を育てています
・子どもたち一人ひとりに、全員の先生が愛情を向け相互の信頼感を深めます
・子どもたちの発達を幼稚園と家庭で連携して見守ります
・子どもたちの自主性・自発性を尊重し、一人ひとりの個性を大切にします

 

スポンサーリンク

 

昭和40年4月に開設されてから54年間この地で保育事業を営んでいます。

それだけ歴史がある幼稚園ですから、評判もよかったのでしょう。

ネットでは以下のような口コミがあります。

 

参照:Yahoo!

 

参照:Yahoo!

 

いずれも高評価を得ているようです。

しかしこれは幼稚園のごく一部の側面でしかないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

問題の行為は?

参照:公式HP

 

 

問題があったのは2歳児クラス23人に対して。

 

 

参照:TBS

 

30代の担任が歯ブラシ中に

死んでしまいなさい

と大声で言った他

文句あんのか

と強めの口調で言い放っていたそうです。

 

2歳だとまだまだうまく歯磨きが出来ない子もいるでしょうし、遊び出す子もいるはず。

それを上手くあやして、道筋を正していくのが先生の仕事と思うのは私だけでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

他にも言う事を聞かない子達を、暗い教材室に閉じ込め、お仕置きをしたり

ご飯の時にも

邪魔だ、廊下に出ろ!

と言ったり・・・。

 

教材室に閉じ込めるのは、子供達からしたら相当な恐怖だと思います。

絵本のおしいれのぼうけんでは暗い押し入れの先にはネズミを従えたねずみばあさん

子供達を待ちかまえています。

 

熱心な指導がエスカレートして、このような事態になったと

宇南山照元園長は話していますが、暴言先生の方に

他意・・・ストレスの発散などの意図はなかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

問題先生は誰?

参照:公式HP

 

問題の担任先生は2人でいずれも

30代女性教諭

とされていて、2人とも問題発覚後に解雇されています。

 

この他にも保育補助一人が自宅待機を命じられています。

 

名前などは公表されていませんので、これ以上の特定は出来ませんでした。

この場合、何故公表されないのでしょうか。

 

問題を起こした後も、資格が剥奪されるワケではないような報道ですし

この先どこかの幼稚園や保育園に勤めだすかもしれません。

そうなった場合、また同じような事を繰り返す可能性もあると思います。

 

公表をするか、資格の剥奪などの罰を与えないと保護者は納得しないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

参照:Googlemap

 


瞬く間にクチコミが記載されていきます。

 

現在通っている子達や保護者も離れていくかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

上手く表現できない子供達でも受けた恐怖は

泣いたり怯えたりで表現することが出来ます。

日々成長する子達の心に一生残るかもしれない傷をつけた事を

本当に心の底から反省して、保護者達の前で謝罪するなどあってもいいように思います。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.