優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

事故・事件

熊本市春日で車が住宅に突っ込み全焼!運転手はどこへ…。原因は何?現場の様子を調べてみました。

更新日:

5月24日、午前2時頃、熊本県熊本市西区春日6丁目で車が住宅街のブロック塀に追突して車が炎上しました。

この事件でけが人はいないとの事です。

 

けが人は居ないらしいですが、運転手もなぜか居ないそうです。

一体何が起きたのでしょうか…。

原因を調べてみました。

 

熊本市春日車両全焼事故の概要

 

24日午前2時ごろ熊本市西区春日6丁目の市道で、
乗用車が住宅のブロック塀に突っ込み車が炎上しました。
消防が駆けつけ、火は約40分後に消し止められましたが、
乗用車1台が全焼しました。
事故に巻き込まれた人はいませんでした。
現場は、JR熊本駅近くの住宅街で、路上に設置されていた
送電設備が破損し、周辺の5世帯が約2時間に渡り停電しました。
参照:Yahoo

 

スポンサーリンク

 

記事によると、けが人や運転手が居なかったとの事ですが…運転手が居ないとはどういう事なのでしょう…。

事故を起こしてびっくりして思わず逃げてしまったのでしょうか…。

事故の現場はどこ?

 

現場は熊本県熊本市春日6丁目の市道という事です。

スポンサーリンク

事故の原因は?

近所の人が言うには

「近くに雷が落ちたような、ドーンという音がした。

運転手もいない、こんな事故は生まれて初めてだ。

誰もいない何だろうかと思う」

との事ですが…事故が起きてすぐに逃走したのでしょうか…。

 

もしくは本当に雷が落ちて…って考えても落雷で炎上したとしたなら

ブロック塀にぶつかるのは、おかしいような気もします…。

やはりそう考えると運転手が居て、事故を起こしてしまい、そのまま逃走したのでしょうか?

 

スポンサーリンク

私の感想

この事件においてけが人が居なかったことが1番なによりです・・・。

現場付近では2時間停電があったとの事。

これが真夏の暑い時期だったら地獄でしたね・・・。

早く車の持ち主が現れる事を願います。

 

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.