優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

迷惑行為

皇居上空にドローン出現!動機は?テロかイタズラか?飛んでいた場所はどこ?

更新日:

5月2日午後8時から午後10時の間で、皇居を含む東京都内の複数の場所で

ドローンのような発行体が確認されています。

 

新天皇徳仁様が即位され、あらたな年号【令和】が始まりました。

そして5月4日には皇居で一般参賀が行われます。

そんな中皇居周辺や都内要所でドローンのような物体が飛行しているのが目撃されています。

目撃されたのは都内のどこだったのでしょうか?

皇居他ドローン発見に概要

 

 

 

2日夜8時ごろから10時ごろにかけて、東京都内の複数の場所で、
光を点滅させながら飛行するドローンのような不審な物体の
目撃情報が相次ぎました。
東京 千代田区の皇居周辺で警備にあたっている警察官が、
赤と白の光を点滅させた物体を目撃したほか、
同じく千代田区の霞が関や半蔵門、それに港区の赤坂や青山、
新宿区の国立競技場付近などでも目撃情報が相次いだということです。
いずれも赤と白の光を点滅させながら飛行していたということです。
参照:NHK

 

スポンサーリンク

 

何という不届き者がいたもんだ・・・。

新しい年号が始まり、世間は10連休真っただ中。

浮かれるのはわかりますが、まさか皇居近くに飛ばすとは。

 

しかも発見されている光は全て

間違いなく全て同一犯・・・というか同一グループというべきでしょうか。

都内の複数の場所で発見されているようですし、示し合わせてドローンを飛ばしていると思います。

 

問題は動機。

イタズラにせよ、今日行われた反天皇デモの一環にせよ、許されることではありません。

ちなみに都内のドローン規制法には

皇居の他、首相官邸や国会議事堂、外国公館、原発などの重要施設と、それらの外側約300メートルの「周辺地域」の上空を原則飛行禁止としている。違反者には1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す
参照:Yahoo!

と記載されています。

 

スポンサーリンク

目撃情報のあった場所

まずは千代田区の皇居周辺

 

 

同じく省庁が集まる霞が関。

 

同じく千代田区の国立劇場近くの半蔵門。

 

スポンサーリンク

 

港区の赤坂。

 

北区のJR赤羽駅より南に500メートルほどの場所

 

新宿区の国立競技場付近

 

いずれも赤と白の光を発し、目撃情報は午後10時半頃にはなくなったそうです。

一仕事終えて全員で撤収したのでしょうか。

 

一般的にドローンの直線飛行距離は4キロメートルと言われています。

しかし日本では目視外飛行(見えない所への飛行)は禁止されています。

その上で実際飛ばしてイイ範囲は操縦者の視力にもよりますが、200~300メートル程度だそうです。

 

ドローン規制法に既に抵触しているのでさらに罪を重ねる事に抵抗はないのかもしれません。

リモコンの操作電波が届くのはせいぜい2キロメートル程度なので

操縦者を割り出すのは、困難になるように思います。

 

スポンサーリンク

 

ネットでの目撃情報

ネットにはさまざまな情報が挙がってきています。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

一か所でなく、同時多発というところに9.11を連想させてしまいます。

小型のものだと薬品や爆発物などを搭載できるものもありますからね。

今回が試験、次回本番は墜落させる・・・

そうなる前に犯人確保して頂きたいです。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.