優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

虐待

高馬祐子(こうまゆうこ)の顔画像が特定!父親は?生きたかったはずの赤ちゃん(男の子)を死なせた経緯は?

更新日:

5月9日 東京杉並区の自宅アパートで、男の子を出産。

放置し死なせ、その遺体を遺棄した疑いで

高馬祐子(こうまゆうこ)容疑者(32)を逮捕しました。

 

連日続く事故のニュースで、生きたくてもそれが叶わなかった子供たちが

犠牲になっています。

そんな中流れてきたこのニュース・・・親としての自覚責任は一体どこへ・・・。

東京杉並男児遺棄事件の概要

 

警視庁によると職業不詳の高馬祐子容疑者は東京・杉並区の自宅アパートで生後間もない男の赤ちゃんの遺体をタオルに包みビニール袋に入れて遺棄した疑いがもたれている。
高馬容疑者は今月2日か3日ごろに赤ちゃんを出産したとみられ
9日夕方に警察署を訪れて、「自宅のトイレで赤ちゃんを出産し、そのままにしている」と相談したという。
調べに対し高馬容疑者は容疑を認め、
「赤ちゃんは泣かないし、反応もなく、死んでいると思った」と供述しているという。警視庁は遺棄した経緯を詳しく調べる方針。
参考:Yahoo!

 

スポンサーリンク

 

先日滋賀県の大津で2歳の男女2人が車に轢かれ亡くなりました。

そして昨日、遺族がこの死と事故についてコメントを出しました。

 

高馬祐子容疑者はそれを読んでどう考えたんでしょうか?

部屋でタオルにくるまれ、すでに泣き声すら上げることはない自分の子供・・・。

 

警察署に相談にきたのも、コメントを見たからかもしれないです。

そうであったとするならば、相談内容があまりに投げやりな感じはしますが・・・。

 

スポンサーリンク

 

高馬祐子(こうまゆうこ)容疑者の詳細

警察に相談し、今回逮捕となった高馬祐子容疑者の詳細です。

参照:NNN

 

 

 

 

 

 

名前 高馬 祐子(こうま ゆうこ)
年齢 32歳
職業 不詳
住所 東京都杉並区

 

32歳ということですし、無職ということはないと思います。

仕事もせずに東京で一人暮らしって・・・よほどのお金持ちとかではないと

出来ないでしょうし・・・。

 

しかし、病院に行かずに自宅で出産したそうですが・・・これはなぜ何でしょうか。

杉並区では経済的理由で入院などが出来ない方向けの助成制度があります。

助成を受けるには条件もあるようですが・・・。

 

もしかしたらそういう知識を教えてくれる人などが周りにいず、孤独感もあったのでしょうか。

それにしても、一人で出産する事のリスクなど考えると・・・もっと早く相談してきて欲しかったですね・・・。

 

スポンサーリンク

 

現場・・・といってイイのかわかりませんが、自宅アパートが出産し遺棄した場所になります。

父親は誰?

ここで気になるのが父親の存在。

これはどこかに必ずいるはず・・・。

 

高馬祐子容疑者が妊娠したことも、もしかしたら知らないかもしれないですね・・・。

若しくは、認知せず連絡もしないまま、今の時期まで来た可能性も。

病院に行かず、一人で出産すると決めた高馬祐子容疑者の心の中は一体どうなっていいたのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

みなさんの声を聞いてみましょう。

 

20代男性
20代男性

何かあったら自身も生死をさまようのに、この手の妊婦さんは安産というのが不思議。

20代女性
20代女性

警察に相談するもっと前に(産まれる前)
他に相談できたらよかったのに。

 

20代女性
20代女性

よほどの事情があったのだろう。
相談者がいなかったのか、相談したけど解決できなかったのか?

 

スポンサーリンク

 

40代男性
40代男性

未成年者ならまだしも32才の人としてあまりに軽率。
堕胎可能時期過ぎたなら役場の児童福祉課に相談することが出来たはず。
そうすればこんな罪で逮捕されず済んだだろうに。
命を宿す。
それがいかに責任重いことかわかってほしい。
セックスは自由だが男女共に責任がかかる行為でその自由の為にはコンドームや低容量ピルで避妊する責任を果たすべき。
その責任が取れないならセックスするな。

 

30代女性
30代女性

今男児妊娠中です。
切迫早産で緊急入院になり、身動き取れません。
体はつらい。でも絶対元気に産んで、育てるから。
これ以上悲しい赤ちゃんが増えないように。

 

30代男性
30代男性

男に罪はないの?

 

スポンサーリンク

 

私の感想

何かあってからでは遅い・・・まずどこかに相談していれば何か違う未来が

あったに違いないと思います。

話すこと・・・本当にこれが大事です。

 

以上、ありいがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.