事故・事件

国母和宏(スノボ)現在、経歴や家族(嫁・子供)。大麻所持で逮捕のスノーボーダーは腰パン騒動のバンクーバーオリンピック代表選手。

アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸しようとした疑いで、

バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が逮捕されました。

オリンピック時は名言で世間を騒がせた次は、まさかの逮捕。

家族愛に溢れているように見えただけに、とても残念です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

スノボ代表選手大麻密輸事件の概要

 

米国から営利目的で大麻を密輸したとして、関東信越厚生局麻薬取締部は6日、大麻取締法違反(営利目的輸入)容疑でスノーボード男子ハーフパイプの元日本代表、国母和宏容疑者(31)=北海道千歳市駒里=を逮捕し、自宅を家宅捜索した。同部によると、国母容疑者は同日午前に東京都千代田区の同部庁舎に出頭。
調べに対し、営利目的は否定しているが、大筋で容疑を認めているという。
逮捕容疑は昨年12月、知人の30代男=大麻取締法違反罪で起訴=と共謀し、国際スピード郵便で米国から大麻製品約57グラムを密輸した疑い。
同部によると、郵便物の中に大麻成分を含む茶色い粘性物が隠されていた。成田空港の税関検査で発覚し、同部が東京税関と共同で捜査していた。
参照:時事通信

 

スポンサーリンク

 

国母和宏詳細

 

プロフィール

名前 国母 和宏(こくぼ かずひろ)
年齢 31歳
住所 アメリカ、カリフォルニア在住
職業 バックカントリースノーボーダー

 

Instagram⇒Kazuhiro Kokubo

Facebook⇒国母 和宏

 

スポンサーリンク

 

経歴

小学4年でスノーボードを始め、史上最年少の11歳でプロ資格を取得 

12歳でバートンスノーボードとプロ契約 

2003年 世界オープン2 

2006年 トリノオリンピック 出場 予選敗退 

2007世界選手権 銀メダル 

2008ニュージーランドオープン制覇 

2009年 冬季ユニバーシアード 男子ハーフパイプビッグエア 2種目で優勝 

2010バンクーバーオリンピック 日本代表 8位入賞 

 

2011年 全米オープン制覇 

2013年以降は、ゲレンデではなく自然の雪山を滑るバックカントリーライディングで魅力的な映像を生み出しています。 

 

 

 

2014年 オンラインビデオシリーズオブザイヤーを受賞 

2016「年間ベストビデオパート」受賞 

2018年「年間ベスト作品賞」「年間ベストライダー賞」受賞 

 

スポンサーリンク

 

家族について

20091116(当時21歳)に3歳年上の一般女性と結婚3人の子供に恵まれています。 

 

普段はアメリカカリフォルニア州に在住していますが、スノーボードの撮影ができないオフシーズンには、

家族が住んでいる地元北海道に戻って家族との時間を過ごしています。 

イクメンぶりが度々テレビで放送されたり

家族を支える意味で入れました】と子供の足型を自身の腕にタトゥーで刻むなど

近所でも有名な子煩悩パパだったようです。 

国母容疑者のインスタグラムには、お子さんと一緒に幸せそうな笑顔を浮かべる姿が沢山掲載されています。 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんと体も入ってますよ🎁 パパからsnowboarderに戻れるのか毎年不安👨🏻

Kazuhiro Kokubo(@kazukokubo)がシェアした投稿 -

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🦈👨‍👧‍👦 ※食われていません、生きてます💁🏻‍♂️

Kazuhiro Kokubo(@kazukokubo)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

現在の活動 

 

手つかずの自然の山を滑り降りる【バックカントリースノーボーダー】の第一人者として活躍しています。

作り出される魅力的な映像は数々の賞を受賞し、現在10以上のスポンサーと契約しているといいます。 

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

国母容疑者と言えば、バンクーバーオリンピックの【腰パン騒動】が思い出されます。

ドレッドヘアに鼻ピアス、腰パン姿で登場し【オリンピック選手としてふさわしくない】と批判を受けました。 

 

その後実力主義のアメリカに渡り、素晴らしい結果を残し成功していただけに、今回の事件はあまりにも残念でなりません。 

国母容疑者が住んでいるアメリカカリフォルニア州は20181月から嗜好用の大麻も合法となりました。

北米の大麻合法化の影響で、日本への密輸が相次いでいます。 

成功を収めていた国母容疑者がお金に困っていたとも考えにくく、密輸の片棒を担いていたとも考えにくいのですが、アメリカ生活が長く日本の法律について記憶が曖昧になっていたということなのでしょうか。 

 

安易に犯罪に手を染めてしまい、輝かしい経歴を台無しにしてしまったこと、大切な家族を悲しませてしまったことを深く反省していただきたいと思います 

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.