事故・事件

岸本政子(きしもとまさこ)顔画像と夫と義父母3人を殺害した動機は介護うつか。福井県敦賀市で会社役員が家族殺害

71歳の女性が、70歳の夫と90代の義父母を殺害し、逮捕されました。 

3人殺害と言っても凶悪犯罪ではなく、介護疲れが原因のようです。 

この一家に何が起きていたのでしょうか。事件のあらすじや近所の人の証言、介護うつについてまとめてみました。 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

福井敦賀老夫婦一家殺害の概要

 

 

11月17日の午前8時前、福井県敦賀市道口の住宅に遺体があると110番通報がありました。 

発見された遺体は、この家に住む岸本太喜雄さん(70)、その両親の芳雄さん(93)と志のぶさん(95)で、太喜雄さんの妻の政子容疑者(71)が殺人容疑で逮捕されました。 

 

通報したのは、近所に住む政子容疑者の娘で、政子容疑者から連絡を受けての通報でした。 

遺体発見時、政子容疑者は睡眠薬を飲んでおり、病院に搬送されましたが命に別条はありませんでした。 

 

近所の住民によると、一家はこの4人暮らしですが、政子容疑者が3人の面倒を見ていて

しんどい】【疲れた】とこぼしていたといいます。 

 

一方で

息子夫婦は仲が良かった】【おばあさんも『村一番の嫁さんや』と喜んでいたのに

という証言もあります。

政子容疑者は会社役員も務めており、この証言からしっかりした働き者というイメージが湧いてきました。 

 

2年前から仕事をしながら3人の介護をしていたという証言もあり、介護疲れで殺人に至った可能性があります。 

 

 

スポンサーリンク

 

現場の場所は?

 

現場は福井県敦賀市道口にある岸本太喜雄さんの自宅ということです。

 

スポンサーリンク

 

岸本政子の詳細

夫と義両親を殺害した女の情報です。

 

名前 岸本 政子(きしもと まさこ)
年齢 71歳
住所 福井県敦賀市
職業 建設会社役員

 

顔画像は発表されていません。

判明し次第更新させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

家族構成は?

 

70代の夫婦と90代の夫婦4人家族で、71歳の政子容疑者が3人の面倒を見ていたということで、

どんな家族構成だったのでしょうか。 

 

岸本芳雄さん(93)・・介護度合いは報道されていませんが、高齢なので日常生活の介助が必要だったと思われる。 

岸本志のぶさん(95)・・要介護認定1。一般的に歩行には支えが必要で、排せつや入浴に部分的な介助が必要。食事はほぼ一人で取れる。 

岸本太喜雄さん(70)・・2年ほど前に軽い脳梗塞を患う。その後足が不自由になり、つえをついて歩いていた。 

 

来る日も来る日も仕事とこの3人の介護に明け暮れ、出口の見えない日々を送っていたのでしょうか。 

3人の殺害方法は絞殺で、タオルで首を絞めて殺しました。

次々にタオルで家族の首に手をかけるとき、何を思っていたのでしょうか。

これで楽になれる、解放される】と思ったでしょうか。 

彼女の心情は分かりませんが、精神的に極限状態だったことは確かで、介護うつの状態だったと思われます。 

 

 

スポンサーリンク

 

介護うつとは

 

 

介護うつとはどのような状態なのでしょうか。 

まず症状は、食欲不振、睡眠障害、倦怠感や不安感が募り、憂鬱感やひどいときには自殺願望が現れます。一般的なうつと症状は同じですが、介護者に特化したうつを介護うつと言います。 

 

責任感が強く、真面目で完璧主義の人がなりやすいと言われています。 

 

精神的・肉体的負担、経済的負担がストレスとして蓄積され、孤独になりがちな介護者は一人で思いつめ、周囲も自分も気づかないうちにうつが進行していきます。 

そのまま進行していくと心身に限界がきて、捨て鉢な思考に陥ったり、突然すべてを放り出したくなります。

恐らく政子容疑者はこの段階まで到達してしまい、犯行に及んだのではないでしょうか。 

 

介護中、自分の心に異変を感じたら、とにかく誰かに相談するのが良いです。 

また日ごろからストレスを自覚しておくと、手遅れになる前に助けを求めることができるようになります。 

今回のように、殺害してしまいたい、自殺してしまいたいと思ったら、いったん踏みとどまって、専門医に頼れば、必ず解決方法が見つかるはずです。 

とにかく誰かを頼るのが大事なようです。 

 

政子容疑者は、近所の人に疲れた、しんどいとこぼしていたとのことですが、そこまで深刻そうには見えなかった可能性があります。 

私がしっかりしなければ、と気丈にふるまっていた可能性があります。 

3人も殺害してしまいましたが、凶悪犯罪とは事情が異なるので、情状酌量していただきたいと思います。 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

子どもの虐待や介護殺人などの、家庭で起きる事件がとても増えていると思います。 

どちらにも共通するのは、保護者が孤独になりがちだということではないでしょうか。 

心が限界に達している人たちがまだまだたくさんいるはずです。 

こういった事件の報道とともに、救済方法も併せて積極的に発信してもらえると良いと思います。 

 

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.