話題の人

紀平凱成(カイル)さんがスッキリに出演。自閉症天才ピアニストについて調べてみた

毎週月~金曜8:00~10:25 日テレで放送中の

スッキリ】にて

【自閉症の天才ピアニスト 紀平凱成さん】

が生演奏。

ハリセンボン 近藤春菜さんが取材を行います。

 

 

彼のプロフィールや家族などを調べてみました。

 

紀平凱成さんのプロフィール

参照:インスタグラム

 

名前 紀平 凱成(キヒラ カイル)
生年 2001年
年齢 17歳 国立音楽院に在学中
受賞 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会審査員賞受賞。
日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞

 

まず目を引くのがその珍し名前。

凱成(カイル)です。

これには両親の【イルカのように自由で人を幸せにできる子に育ってほしい

との願いが込められているようです。

 

彼は自閉症と診断されています。

きっかけは2歳頃。

何も喋らない・親と目を合わそうとしない事に

異変を感じた両親。

3歳の検診で病院に連れていくと、自閉症と診断される。

 

数字や和名コードに興味を持ち

それをお絵描き帳に書き始める。

 

それから色んなジャンルの音楽に興味を持ち始める。

ここから彼の能力が花開き始める。

一度聞いた曲をエレクトーンで再現 英語の歌詞を丸暗記
曲をアドリブでのアレンジ スケジュールを分単位で記憶
一度通った場所の地図が頭に入っている 数十年前の曜日がすぐにわかる
お絵描き帳が難解な計算式や楽譜で溢れる 自ら作曲も始める
絶対音感  

如何でしょう・・・幼い頃からスゴイ才能に溢れていたんですね。

 

スポンサーリンク

 

ピアニストを志したのは小学校1年。

5年生になったころ、生活音や自らが弾くピアノの音に嫌悪感を覚えるように。

しかし楽譜のアイデアは膨大な量になっていった。

 

 

 

13歳の頃、東大と日本財団が進める、

突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクト

「異才発掘プロジェクト」

のホームスカラーに選ばれる。

 

異才発掘プロジェクトとは
突出した能力があるが
現状の教育環境になじめず
不登校傾向にある子供のサポートをするプロジェクト

 

16歳になる頃、イギリスの権威ある音楽大学トリニティ・カレッジ・ロンドンにて

上級認定で合格。

高い音楽能力と将来性のある数人に授与される名誉ある賞

Exhibition Award(奨励賞)を受賞。

 

 

17歳でトリニティ・カレッジ・ロンドンの学士資格を取得。

 

現在は13歳に発した聴覚・視覚過敏を克服し始めている。

夢は「世界中の人に自分の曲を聴いてもらうこと」とし

沢山の感動を届けるピアニストになる為、チャレンジを続けている。

 

スポンサーリンク

 

カイルさんの家族

お父様、お母様の3人家族であると思われます。

お母様の名前は由起子さんというそうです。

カイルさんが幼少の頃、由起子さんが弾いたエレクトーンに

興味を持ったそうなので、お母様も音楽に明るい方なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

カイルさんの演奏動画

ここからはその素晴らしい演奏の一部と

ネットでの称賛のコメントをお届けします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

カイルさんのコンサート情報

日時:2019年6月24日(月) 開場18:00 / 開演19:00
会場: eplus LIVING ROOM CAFE & DINING
料金:全席指定¥3,000(税込)
先行受付:
3/21(木)12:00~3/31(日)18:00
一般発売:
4/20(土)10:00     
                                                                    引用:公式HP

 

17歳という事でまだまだ成長していくであろうカイルさん。

その演奏に今後も注目していきましょう。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.