優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

事故・事件

木津いぶき顔画像。父(英喜さん)に殺害され父は自殺まで図った理由(動機)はなに?残された家族はどうなる?

投稿日:

7月7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区の和菓子店の冷蔵庫から

和菓子店の娘である木津いぶきさん(18)が遺体となって発見されました。

この事件で連絡が取れなくなっていた父親の木津英喜さん(43)が元荒川の河川敷で遺体となって発見された。

父親はいぶきさん殺害後に自殺を図ったと思われます。

 

七夕の日に流れたニュース。

人気和菓子店の店主が、何故愛娘を殺さねばならなかったのか・・・。

動機は何なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

木津屋親子死亡事件の概要

 

 

 

 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の
木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。同庁は、この店の経営者で木津英喜さん(43)が事情を知っているとみて捜していたが、
7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。
警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。
参照:読売新聞

 

スポンサーリンク

 

自分の娘を殺害し、自らが経営する和菓子店の冷蔵庫に遺棄。

自分はその後、逃走?し約30キロ離れた元荒川の河川敷で自殺遺体として発見されたそうです。

 

怖くなり逃走したのか、元より自殺目的だったのか。

 

英喜さんが亡くなっているため、真相は闇の中・・・。

今後の妻(嫁)や弟からの話に注目が集まりますね。

 

スポンサーリンク

 

現場の地図は?


現場となったのは木津親子が経営する和菓子店【菓匠木津屋】です。

 

接客も味も評判の店で、この店の栗羊羹は明治神宮にも献上するような味なので

腕に間違いはないようです。

 

参照:Yahoo!

参照:Yahoo!

 

しかしそのような銘菓が飛ぶように売れるかといえば、そうではなく

やはりこの辺りのラインの商品が売れ筋といえそうです。

 

実際にあんこの評判はよく下町という土地柄と木津夫婦の人柄も相まって

創業から15年、人気を保ってきたようです。

 

スポンサーリンク

 

木津英喜の詳細

娘を殺害し自殺した父親の詳細です。

参照:Googlemap

 

名前 木津 英喜(きづ ひでき)
年齢 43歳
住所 東京都荒川区東尾久8丁目
職業 菓子職人

画像はGoogleストリートビューの物です。

現在判明しているものは、たまたま映り込んだこの一枚でした。

 

かつてはサラリーマンもしていたが、脱サラして菓子職人の修行をしていたようです。

この店を開いたのは15年前、英喜さん27歳の時でした。

 

そして今の妻(嫁)と結婚したのもこの頃で、2人仲良く和菓子店を経営していたそうです。

 

しかし以前にここに出店していた和菓子店より客入り少ないとの近隣住民の話もあります。

加えて売れ筋商品の金額ラインも合わせると、もしかしたら経営は思わしくなかったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

木津いぶきさんの詳細

父親に殺害された、娘の詳細です。

参照:Yahoo!

 

名前 木津 いぶき(きづ いぶき)
年齢 18歳
住所 東京都荒川区東尾久8丁目
職業 大学生

 

中学は私立に通い、小学校からクラシックバレーをしていた大人しい子だったようです。

看護師を目指し、通信制の塾に通いながら、この春から大学に進学していたそう。

 

店に出入りする姿も目撃されていることと、自宅は別にあることから

手伝いもしていたのでしょうか?

 

また、近隣からは父と娘の関係は悪くないように見えていたため、この事件の謎をより深くしていますね・・・。

 

スポンサーリンク

 

木津英喜は自殺を図った

参照:Yahoo!

 

 

7月6日午後6時半頃、英喜さんは妻に

【手首を切った。川に沈んで死ぬ】

と、伝えていて妻はこの段階で警察に通報しています。

 

通報を受けた警察が自宅に駆け付けたところ、再度英喜さんから電話。

娘を店で切った

それを聞いた家族と警察が木津屋に向かった際に、向いにある住民宅から

店内に集まっている様子が撮影されていました。

 

参照:ANN

 

店内を探したところ、冷蔵庫に丸まった姿勢で亡くなっていたようです。

切った、という話とは違い、外傷はなく、替わりに首には押さえつけられたような跡があったといいます。

 

これは・・・英喜さんの殺害行為を望んだのか、抵抗出来なかったのか・・・。

望んだとは一体どういう心境なのか・・・。

 

スポンサーリンク

 

その後、行方が分からなくなっていた英喜さん。

発見されたのは30キロ離れた元荒川の河川敷。

川に沈むではなく、首を吊っての自殺だったそうです。

 

 

発見されたのは7日の朝方5時前。

遺書などは見つかっておらず、携帯電話などもなかったということです。

 

わざわざこれだけ離れた場所まで行って自殺・・・何故この場所を選んだのでしょうか。

そもそも何故自殺を選んだのかも、未だ謎です。

 

スポンサーリンク

 

いぶきさん殺害の動機は?

事の発端。

何故いぶきさんは殺害されたのでしょうか。

ネットや報道などから動機を推測してみたいと思います。

 

借金苦になり無理心中

木津家は父母娘息子の4人家族。

和菓子店の経営はあまり思わしくなく、英喜さんは和菓子店の他にピザ屋さんでもアルバイトをしていたようです。

7月6日の朝もアルバイトに出て午後4時半には妻に仕事終わりの連絡をしています。

 

参照:Twitter

 

いぶきさんを私立中学に通わせまたクラシックバレエを習わせるための費用はどこから捻出していたのか。

妻は店を手伝っていたとのことなので、他に収入源はないように思います。

また弟の状況ははっきりしてはいませんが、同じような教育を受けさせていたとしたら、相当な額が必要だったのでしょう。

加えてマンションを購入してそちらの支払いにも追われた末の決断だったのかもしれません。

 

しかしそれではいぶきさん一人を殺害するのが説明が付きません。

一家心中なら家族全員が対象のはず・・・。

この説は薄そうです。

 

スポンサーリンク

 

虐待していた?

英喜さんと妻の結婚は、英喜さん初婚・妻再婚との情報があります。

そして子供達は共に妻の連れ子だそうです。

 

また、遊びにいくのも禁じられていたようで、これは勉強させるためか虐待痕をバレさせない為か・・・。

どちらにせよ、いぶきさんの行動を制限し管理していたような印象を受けます。

 

私立中学に通わせ、将来は看護師になる夢を叶えさせるため・・・

連れ子といえど、一生懸命に子供の為に働いた英喜さん。

しかしその成果であるテストなどでそれが現れていないと

自分はこれだけ働いているのに!

と、激高して暴力を振るってしまった・・・。

 

大学に進学した娘に暴力を告発するように迫られ、逆上し殺してしまった。

捕まるのが怖くて元荒川まで逃げ、そして自殺・・・。

 

スポンサーリンク

 

と、いう事にして実は妻が虐待していた可能性はないのでしょうか。

 

一部では私立中学に入学させたのは妻の意向であるとの情報もあります。

子供達の為に身を粉にして働いていた英喜さん。

 

 

これら暴力行為も英喜さん

お父さんがやったと言っておきなさい

と命じていたら・・・。

 

大学に進学が決まっても尚続く母からの暴力。

それに耐えかねたいぶきさん英喜さんに相談・・・。

全てを英喜さんのせいにして死を選んだ2人・・・。

抵抗の痕がなかったのはそのせいではないしょうか。

 

しかし、母からの暴力が原因とするなら、死を選ぶ前に何故母を告発しなかったのか・・・。

そこには疑問が残ります。

 

スポンサーリンク

 

2人は愛し合っていた・・・?

妻の連れ子として15年前に家族になった英喜さんいぶきさん。

当時は27歳と3歳という、ごく一般的な家族の年齢で周囲からも違和感なく受け入れられていたでしょう。

 

しかし成長するにつれ、いぶきさんは美しく育った。

クラシックバレエをしていたしなやかな身体に女を見てしまった英喜さん。

そしていぶきさん英喜さんを見るそれも同様。

 

周囲から見ればそれは性的虐待に当たるかもしれない。

しかし当人は確かに愛し合っていた。

娘と通じた父親。

そしてそれに感づき始めた妻・・・。

 

叶わぬなら共に死を選ぼうとこの日、2人は決めていたのかもしれません。

 

2人の所持品の中から携帯電話などは見つかっていないそうなので、携帯電話の中に親密な連絡記録などが残されている可能性もあるから、処分したかもしれません。

 

2人共が既に亡くなっていますので、真相が語られることはないです。

妻と弟・・・残された家族は何を思うのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

現在の所、妻の話は一切出てきていません。

これから何を語るのか・・・注目が集まりますね。

 

亡くなった木津英喜さんといぶきさんのご冥福をお祈りいたします。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.