迷惑行為

川崎希(元AKB48)誹謗中傷騒動の開示請求されたのは誰?匿名で浴びせる心無い声の詳細。東京地裁はプライバシー侵害認める

投稿日:

元AKBで実業家でもある川崎希(32)が10月4日ブログで

家族に対するネット上での嫌がらせについて

東京地方裁判所で発信者情報開示請求の申し立てが認められて、今まで誹謗中傷やプライバシー侵害をしてきた人たちの名前と住所がすべて開示されました

と報告しました。

 

内容を見ると本当に酷い……。

ネットで叩いて何になると言うのか……。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

川崎希誹謗中傷騒動の概要

 

スポンサーリンク

 

経緯

参照:Yahoo!

3年ほど前から、川崎希さん宛てに誹謗中傷のメールが届いたり、

レストランやお店に身に覚えのないクレームをいれらりと嫌がらせが行為が続いていたとのことです。

 

妊娠中には、心無い言葉にナーバスになり、

面と向かって直接は言われないのに匿名のネットだとひどいことが言えるのはなぜかと悩んでいたとも言います。

 

匿名で誰が書いたのかわからないと、

不安で道も歩けないし、気味が悪いので

所属事務所と相談したうえで、

発信者の情報開示請求に踏み切ったということです。

 

スポンサーリンク

 

誹謗中傷の内容

川崎さんが受けた嫌がらせのネット書き込みの内容です。

・レストランやお店など行った場所ほぼ全てにやってもいないことでのクレームの連絡を入れられた(無銭飲食をしたとか窃盗していたとか)

・妊娠発表後は、「妊娠していると嘘をつくな」「流産しろ」などのメッセージが毎日届く。

・海外にいる間は「放火するチャンス」と言われる。

・掲示板内で「みんなで着払いで荷物を送ろう」と呼び掛けられる。

 

想像以上にひどい内容ですね。

川崎さんとその家族は家にいることも怖いですが、

家を留守にすることも怖かったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

誹謗中傷したのは誰?

参照:Yahoo!

 

凄まじい数の嫌がらせの書き込みが見られた【ママスタジアム】という、

匿名の掲示板を対象に開示請求をしたとのことです。

 

殺す】というような直接的な表現の書き込みでなくても、

名誉棄損になる書き込みを抜粋し開示請求し

5か月ほどかけて投稿者を特定することができたようです。

 

開示された資料によると、一人で複数の書き込みをしている人もいることが分かったそうです。

今後、その人たちに対して、民事・刑事の両面で法的措置を取っていくことを明らかにしています。

嫌がらせをしていた人は、今さら後悔しても遅いですね。

匿名であっても自分の言動で、人を傷つけたことを反省しなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

実際の書き込み

以下に実際に書き込まれたものがあります。

 

 

凄まじい数の投稿は、投稿者の川崎さんに対する強い執着心を感じます。

川崎さんは、本当に恐怖を感じたことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

 

 

川崎さんは2年前に出産し、お子さんがいらっしゃいます。

ネットの誹謗中傷がエスカレートして、

自分のみならず夫や子供にまで危害を加えられることを危惧して、

今回の情報開示に踏み切ったのではないでしょうか。

ネットの書き込みについて、かつては匿名だしデマが多いといわれていました。

しかし、近年では、一国のデモを巻き起こすくらいの影響力を持っています。

参照:Yahoo

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

匿名だからと言って落書き程度の気持ちで、

誹謗中傷をすると、このように罰せられる時代になったことを認知しておかなければなりません。

川崎さんは

モラルのあるネットの使い方が浸透していくようになりますように】

と呼び掛けています。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.