優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

事故・事件

鎌田幸作(かまたこうさく)顔画像特定か? 警官の弾丸が腹部命中で死亡。本当に発砲しなければならなかったのか?

更新日:

5月29日にこの事件の報道がされ、事件当時の様子が動画で放送されていました。

その様子がこちらです

 

この事件は、5月28午後2時15分頃、埼玉県さいたま市見沼区の路上で

刃物を持った男に警官が発砲するというもの。

この事件で職業不詳の鎌田幸作(かまたこうさく)容疑者(68)が

公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されました。

 

その後、鎌田容疑者は搬送先の病院で死亡が確認されました。

刃物を振り回していた原因も気になりますね。

警官の発砲はやむを得なかったのか・・・ここは判断が別れる所です。

 

さいたま市警官発砲死亡事件の概要

 

 

 

28日午後2時ごろ、さいたま市見沼区大和田町1丁目の路上で
「男が倒れていてうなっている」と119番通報があった。
埼玉県警によると、駆けつけた大宮東署員2人に男が包丁を
持って向かってきたため、署員が包丁を捨てるよう警告。
空に向かって威嚇射撃もしたが応じなかったとして、
それぞれ1発ずつ男の足を狙って発砲し、1発が男の腹部に当たった。
署は男を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕。男は搬送先の病院で死亡した。
参照:朝日新聞

 

スポンサーリンク

 

まずなぜ刃物を持って倒れていたのでしょうか?

隣人とのケンカに刃物を持ちだすような危険なケンカでもあったのかもしれませんが

そこの事にはあまり触れていないようです・・・。

 

元々危険人物だったのか、それとも・・・当日朝、神奈川でおきた事件に触発されたのか。

どちらにせよ、近隣住民からすれば恐怖の対象でしかありませんね。

 

神奈川で起きた凶悪事件の詳細はこちらです。

 

スポンサーリンク

現場はどこ?

 

 

発砲事件が起きたのは埼玉県さいたま市見沼区大和田町1の路上ということです。

 

発表動画を見る限り、結構な住宅街。

そこで急に鳴り響いた銃声に、昼間の大和田は静まり返ったでしょうね・・・。

威嚇射撃でも動じず、さらに向かってくる鎌田容疑者ってどんな人物なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

鎌田幸作(かまたこうさく)の詳細

刃物を振り上げ、警官に向かっていった男の詳細です。

名前 鎌田 幸作(かまた こうさく)
年齢 68歳
住所 さいたま市見沼区大和田町
職業 不詳

顔画像などは発表されていません。

恐らく、死亡しているのでこのまま発表されない可能性が高いです。

 

家族構成などは明らかになっていませんが、68歳ですし家族がいてもおかしくはありません。

しかし逆に68歳なので、離婚や死別もあり得る話。

夫婦喧嘩で包丁を持ち出した可能性も、無きにしも非ずですが・・・

真実は不明のままです。

 

スポンサーリンク

 

警官の発砲は正しかったのか?

今回2人の警官が鎌田容疑者に向けて発砲してします。

果たしてこの行動は正しかったのでしょうか?

 

警官は発砲していいタイミングというのが実はあります。

【逮捕に必要な場合】【自分若しくは他人を護る為】

のどちらかに限ります。

 

なら、逮捕の為に発砲すれば、犯人を無力化出来るし毎回発砲すればイイのでは?

となりますが、それもまた違うお話。

 

この【逮捕に必要な場合】の中には『正当防衛』が含まれているそうです。

つまり逮捕が必要で、尚且つ自分の身が危険に晒されている状態

これで発砲してもいい条件が揃うようです。

 

今回はというと、威嚇射撃をしたのち、ひるまずに鎌田容疑者は向かってきています。

両者の距離が明確ではないので、身の危険の判断が難しくはありますが・・・

威嚇射撃出来る距離なので、よほどの俊足でもない限りすぐに外傷を負うようなことはないと思います。

 

それでも発砲し、一発は足にもう一発は腹部に命中。

この腹部への銃弾が死因となったように思います。

果たしてこれは正しかったのか・・・。

 

警察署は【適正な職務執行だった】としています。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

みなさんの意見はどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

自分の身が危険に晒されるなら、発砲もやむなしか・・・。

との意見もありますね。

時代の流れや風潮もありますから、一概に状況だけで判断というのも難しい。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.