神奈川登戸通り魔事件

岩崎隆一顔画像公開!動機は社会への復讐か?地獄を産み出した男の正体とは。

5月28日 午前7時45分 神奈川県川崎市多摩区の登戸第一公園近くの路上で

刃物を2本持った男が出現。

奇声を上げながら児童らを襲撃する衝撃事件が、日本を駆け抜けました。

 

この事件で首の辺りを刺された11歳の女子児童と

背中を刺された39歳の男性は搬送先の病院で亡くなりました。

ケガ人は大人子供併せて19人にもなっているとのこと。

11歳児童の詳細はこちらです。

 

39歳男性についてはこちらです。

 

この地獄絵図を引き起こした犯人のいわさきりゅういち(岩崎隆一)容疑者(51)は

自らの首を刺し、事件発生から約3時間後に死亡が確認されました。

 

この日の夜に学生時代の写真が公開されています。

そこから読み取れる岩崎容疑者の人物像を探っていきたいと思います。

 

神奈川登戸通り魔事件の概要

 

 

 

28日朝、川崎市の登戸駅の近くで小学生らが男に次々と刺されました。
19人がけがをしてこのうち3人が心肺停止だということです。
警察や消防によりますと、午前7時40分ごろ
神奈川県川崎市の登戸駅付近で「路上で小学生が刺された」と
通報がありました。
消防によりますと、子どもと大人あわせて19人がけがをしており
このうち栗林華子さん(11)小山智史さん(39)が死亡しました。
 刺した男はいわさきりゅういち(岩崎隆一)51歳男性とみられ
その場で身柄が確保されました。
岩崎容疑者は自らを刃物で刺したとみられ、病院に運ばれましたがその後死亡が確認されました。
警察によりますと、男は包丁2本を持って次々と
小学生らを刺したということです。
参照:TBS系(JNN)
 
 
スポンサーリンク
 

岩崎隆一容疑者について

新たに判明した顔画像と共に岩崎隆一の詳細を振り返ります。

参照:Twitter

名前 岩崎 隆一(いわさき りゅういち)
年齢 51歳
住所 神奈川県川崎市麻生区多摩美
職業 不詳
家族構成 伯父 伯母

 

既に死亡しているのが許せない岩崎容疑者

予想通りの学生写真で報道されていました。

 

 

岩崎容疑者が30年以上住んでいると言われている自宅です。

現在は報道関係者が集まっているようです。

住宅街なので、近隣住民もいい迷惑です。

 

スポンサーリンク

 

岩崎隆一の生い立ちは?

30年以上上記の自宅に住んでるとはいえ、30年前は21歳。

それより以前はどこに住んでいてどこの高校や中学だったのかは明らかになっていません。

 

しかし、中学時代の同級生のコメントから、ある程度は窺い知れると思います。

・子供の頃から怒りやすい性格
・頻繁に校内で暴れていて指導されていた
・同級生からよくからかわれていた
・小学校時代に鉛筆で友人を刺した

ここまでいい印象の思い出って無い物なのでしょうか。

 

挙句、事件を起しても驚かなったとまで言われています。

かなり暴力的な面の多い岩崎容疑者。

 

からかわれたことへの反発から、暴力に訴えて自己の表現をしていたのでしょうか?

自分の感情を表現するのに、言葉がわからずそのイラ立ちから、暴力で表現する。

もしかしたらある種の発達障害だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ここで疑問なのが両親の存在。

報道された親族は伯父と伯母でした。

 

親としての責任を放棄し、伯父夫婦に押し付けたのか

それとも事故などで他界したか

もしくは蒸発という可能性もあります。

 

いづれにせよ、30年以上岩崎容疑者の世話をしていたであろう伯父夫婦はインタビューでこう答えています。

──そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、岩崎容疑者は自宅にいたのでしょうか。

「ほとんどいないよ。いまはいない」──

一緒には暮らしていなかったんですか?

「暮らしているってものではないですね」
参照:週刊ポスト

 

 

スポンサーリンク

 

これが甥っ子に対する反応でしょうか。

親代わりを30年以上してきた人間の言葉だとは思えません。

それはつまり、岩崎容疑者との関係性を示しているのではないでしょうか。

 

伯父夫婦からすれば、厄介者を押し付けられたと感じていたかもしれません。

それ故岩崎容疑者には無関心になり、関係性は希薄にドンドンなっていった。

元々表現が苦手だったものが改善するどころか悪化。

近隣住民とのトラブルも絶えず、周りからも敬遠されるようになったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

岩崎隆一が犯行に至るまで

参照:Twitter

 

岩崎容疑者がなぜ犯行を思い立ったのか。

 

それは自分を分かってくれなかった

親、学校、伯父夫婦、近隣住民への

復讐ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

岩崎容疑者について語られているのは全て中学時代のもの。

高校時代から現在に至るまでの情報がありません。

それ故、特定が遅れたとも言えますが・・・

写真も恐らく中学卒業時のものであると思います。

 

それ故、岩崎容疑者の知識の中に【高校】というワードは浮かばず

自分をからかい、受け入れてくれなかった忌むべき場所の象徴は

【中学校】で止まっているのでしょう。

 

自宅周辺には小学校や中学校、大学に幼稚園と何校かはあります。

しかしそこを選ばず・・・同じスクールバスがある寺尾みどり幼稚園さえもスルーし

カリタス小学校を標的にしたのかは、わからない部分はあります。

 

狙ったのは自分より弱い小学生・・・しかも女児。

そして親という象徴の小山さん。

伯父夫婦や近隣住民には詰めかける報道陣という異物とあてがう・・・これは復讐としては弱いように思いますが

連日詰めかけるであろう報道陣に囲まれて、ストレスMAXな生活を強いられるのは

不快以外の何物でもないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

岩崎隆一はなぜ死を選んだのか

 

参照:TBS

 

 

岩崎容疑者は大人子供含め19人の死傷者を出した凶悪殺人者です。

そして同時に自らの首を刺し、事件発生後の約3時間後に死亡しています。

 

スポンサーリンク

 

何故岩崎容疑者は死を選んだのか。

 

自分の人生に絶望していたのではないでしょうか。

中学を卒業し、高校には行かないまま

どこかの仕事に就いたかもしれません。

 

しかし自分の表現下手が災いし、どこも長続きしなかった。

そんな事が何件か続くと、自分の感情が抑えられなくなり近隣住民との

トラブルにも発展していったとしてもおかしくありません。

 

身元の確認が所持していた保険証からされているという事は

車の免許などは持っていなかったんでしょうね。

もし持っていたら、それが大きな凶器となり、惨劇はもっと広がっていたに違いありません。

 

スポンサーリンク

 

そんな生活に絶望し、死を選ぼうとした矢先、この復讐劇を思いついた。

自分一人では死なない・・・自分を受け入れなかった社会へ復讐をしてからだ

と・・・。

 

ある種の発達障害かもしれない自分の出自を、社会の責任に全てして

それを晴らす為に2人を道連れにし、自分も死を選んだ。

 

もし本当にそれが事実ならば・・・放任していたであろう伯父夫婦にも責任の一端があるのではないでしょうか。

自分達の力で更生させられないのであれば、どこか施設や行政に相談することことも出来たはず。

それをしなかったこの夫婦にも・・・何か償いをするべきではないかと

私は考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は凶悪事件を起し、自らも死を選んだ岩崎隆一について、私なりの考えを書かせていただきました。

発達障害と仮定してのお話・・・。

今後解明される事実とは違うかもしれませんので、悪しからず。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.