事故・事件

伊東拓輝逮捕画像と現金(3.6億円)の行方は?今どこにあって何に使ったのか。令和3.6億円事件犯人逮捕

投稿日:

9月4日【アサヒセキュリティ】の新三郷オフィスで金庫室に保管していた

現金3億6千万円が盗まれる事件が発生しました。

窃盗の容疑として、防犯カメラの映像から指名手配が掛けられていました伊東 拓輝容疑者(28)が

9月27日午後1時半ごろ逮捕されたということです。

 

大金を金庫から持ち去った伊藤容疑者。

現在3億円はどこにあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

アサヒセキュリティ3.6億円事件の概要

 

埼玉・三郷市の警備会社で、元社員の男が金庫から現金3億6,000万円を盗んだ事件で、
公開手配されていた男が、東京都内で身柄を確保され、27日午後、逮捕された。
9月4日、自らが働いていた埼玉・三郷市の警備会社の金庫から現金3億6,000万円を盗み出した疑いで、
全国に指名手配されていた伊東拓輝容疑者(28)。
伊東容疑者は27日午後1時すぎ、渋谷駅周辺に1人でいるところを警視庁の捜査員に確保された。
その際、盗んだ現金は持っていなかったという。
参照:FNN

 

スポンサーリンク

 

逮捕当時に所持していた現金は107万5368円だったということですが、

他の現金はどこにいったのでしょうか?

また逃走中いくら使ったのか気になりますね…

 

スポンサーリンク

伊東 拓輝の詳細

3.6億円を盗み出した男の詳細です。

参照:テレ朝

 

名前 伊東 拓輝(いとう ひろき)
年齢 28歳
住所 不定
職業 無職(元アサヒセキュリティ社員)

 

伊東容疑者は逮捕後犯行動機について

生活費として使うため1人でやった。今の生活が苦痛で脱却したかった

と語っていたということです。

 

生活費に3.6億円も盗むでしょうか?

一体どんな生活をしているというのか・・・。

 

一部の情報によると今年8月には昇進されるなど、とても逮捕後に語っていた状況とは思えません。

それにしても、犯行時盗まれた約3億円というとなかなかの量になるはずですが…

たとえ紙幣でも、そんなに大量の現金を運ぶことや保管することはできるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

消えた残りの現金は?

 

 

スポンサーリンク

 

Twitter上の様々なところで、上記のような単独行動ではないという考察があります。

逮捕後には【1人でやった】と言っているところから、さらに単独ではないような気がしてしまいます。

 

107万以外の現金の行方は未だわかっていません。

ですが、普通逮捕後の家宅捜索で早々に出てきそうですが…

 

別人か捏造した名義の貸し倉庫などを使っている線も考えられますね。

しかし、3億6千万円という大金ですから、200〜500万円程を報酬になんらかの集団に譲渡した可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

 

この場合の刑期は?

窃盗罪の場合、最大10年の刑期になるそうです。

“窃盗罪の懲役の法定刑は、刑法によって懲役10年以下と定められているため、
窃盗罪単独で懲役10年を超えることないと言えます。”
参照:Yahoo!

 

3億の損害を出しておいて、10年で出てこれるのですね…。

3億以上もの大金となると、最悪の場合その会社を経営を揺るがしかねない金額にもなってきます。

もしも倒産なんてことになったら…と考えると恐ろしいですね。

 

どこか安全な場所・・・があればの話ですが、10年後にお勤めを果たした後、3.6億円を回収。

その後悠々自適な暮らしを送る・・・。

そんな事を考えての計画的逮捕だとしたら・・・。

 

スポンサーリンク

私の感想

消えた3億6千万円の場所については、アサヒセキュリティに勤める方々の為にも、早急に回収したいですね。

しかし、そんな大金が簡単に隠せるのでしょうか…。

令和の3億円事件・・・犯人逮捕だけでは解決しないようです。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.