迷惑行為

池袋でボッタクリバーが炎上!どこの店?出会い系(Tinder)で知り合った女性と行った店でぼったくられる!店と女性もグルか?

投稿日:

東京都豊島区池袋で、ぼったくりバーの被害に遭われた1人の男性が声を上げました。

事件の詳細を語ってくださり、現在Twitterでその話題が注目されています。

 

 

今回は、そのぼったくりバーについて調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

元となったツイートとは

まず、被害発覚の発端となったのはある男性のツイートからでした。

 

 

他にもTwitterには同様の被害に遭われた方からの声が寄せられています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

それにしても本当に酷い話ですよね…。

ぼったくりバーに関しては昔から問題視されてきましたが

店側も客の供給先をネットに移し、リアルの取り締まりを掻い潜っているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

被害現場となったぼったくりバーは?

 

被害に遭われたぼったくりバーは、東京都豊島区池袋2丁目41−2 葉山ビル6階のバーです。

店員が言っていた名前としては【ルチアーノ】というお店だそうですが、

Twitter上では別の名前だというツイートも挙げられています。

 

 

付近をGoogleマップで調べてみました。

 

 

この付近はネオン街でホテルなどがたくさんあるそうです。

やはりtinderというアプリを使っての犯行なので、

利用男性の心理を読んで、手頃な場所にある、手頃なバーということで、警戒心を解いているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

tinderについて

 

参照:公式HP

 

Tinder(ティンダー)は、Facebookを利用し、位置情報を使った出会い系サービスを提供するアプリケーションソフトウェア、「デートアプリ」で、相互に関心をもったユーザー同士の間でコミュニケーションをとることを可能にし、マッチしたユーザーの間でチャットすることができるようにするもの。
ただし、Tinder 社の広報担当副社長ロゼッテ・パンバキアン (Rosette Pambakian) は、「出会い系サービスではなく社会的なつながりを作り出すサービス」であると述べている。
参考:wiki

 

スポンサーリンク

 

利用者数に関しては公表していないようですが、全世界で300億マッチングを達成したと言われているので

それなりに会員数はいるものと思われます。

日本国内における利用者数は未知数です。

 

2015年辺りから増え始め、女性は主に外国人男性との出会いを求めているようです。

しかし2018年に大阪で日本人女性が出会った外国人に殺害されるといった事件も起きています。

 

 

スポンサーリンク

 

被害の経緯

 

被害の経緯については上の記事でまとめてくださっています。

被害に遭われた方は一貫して、tinderというアプリを使っておられるようです。

 

アプリから会う約束を取り付ける

池袋の付近を待ち合わせ場所にする

色々話しながらルチアーノに誘う

チャージ料、サービス料等で料金を跳ね上げる

女性の所持はカードのみ

払う

 

という流れだということです。

被害に遭われた男性はこの後警察に行き話しをしたと言います。

 

警察は当時男性とともにバーに行き、営業許可証や身分証明書などの提示を求めたそうです。

この件でこの店付近の見回りを強化するとのことでした。

また、被害男性は同じような被害に合う人が1人でも少なくなるように

自身の体験をTwitterにて拡散してくれたようです。

 

スポンサーリンク

 

 

被害にあった金額は?

 

被害にあった金額は10分ほどの滞在で、およそ2万円程だったということです。

 

 

酷いですね…。

こちらは、音声も入った実際の動画だそうです。

 

 

それにしても、こう言ったぼったくり被害に遭われた際、警察はどこまで動けるのでしょうか?

身分証明書が確認できないのに許容するというのを聞くと、グルなのでは…?

などという可能性まで考えてしまいますよね。

 

スポンサーリンク

 

私の感想

今回は、池袋のぼったくりバーについてまとめました!

皆さんも出会い系アプリなどを使われる際は、ぜひ気をつけてください!!

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.