吹田拳銃強盗事件

飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)動機原因。犯行日時をこの日に選んだ理由はやはり復讐か?

更新日:

6月16日 早朝5時45分頃 大阪府吹田市阪急千里山駅の交番付近で

26歳の古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査を刃物で刺し、さらに拳銃を奪う事件が発生。

この事件で関テレ取締役常務飯森睦尚(いいもりむつひさ)の息子

飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)が逮捕された。

刺された古瀬巡査は未だ意識不明の重体だという。

 

何故飯森容疑者は吹田の地へやってきたのか。

なぜこの日だったのか・・・事件当日の足取りや動機などを調べました。

事件の詳細はこちらです

吹田拳銃強盗事件の詳細

吹田拳銃強盗事件の概要

 

16日の早朝、大阪 吹田市の千里山交番に勤務する古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)が交番前の路上で男に胸などを包丁で刺されて
5発の弾が入った拳銃を奪われました。
古瀬巡査は意識不明の重体になっています。
警察は交番の防犯カメラの映像を公開するなどして捜査を進めていましたが、東京 品川区の飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)容疑者(33)の
犯行と判断し、強盗殺人未遂の疑いで逮捕状を取って行方を捜していました。警察は山中に潜伏している可能性もあるとみて捜索していて、
その結果、午前6時半すぎに飯森容疑者を山の中で見つけ、逮捕したということです。
参照:NHK

 

スポンサーリンク

 

飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)のプロフィール

参照:日経新聞

 

名前 飯森 裕次郎(いいもり ゆうじろう)
年齢 33歳
住所 東京都品川区南品川5-12-13
オークタウン仙台坂
職業 アコーディアガーデン東京ベイ
出身地 神奈川県川崎市
出身校 北千里高校→駒沢大学

 

スポンサーリンク

 

テレビ局退社以降

退社以前はこちらに詳しく書いています。

飯森裕次郎(いいもりゆうじろう)経歴生い立ち。なぜ駒澤大学から海自へ。精神疾患はこの時からか?

 

【めんこいエンタープライズ】を退社したのが2016年。

次に飯森容疑者について語られるのは一気に去年2018年11月のゴルフ練習場でのアルバイトの話。

その時点で【10年以上】のゴルフ歴があるとのこと。
6月初めには沖縄にゴルフをしに行くほど好きだったそうです。

 

働き始めたのはアコーディオンガーデン東京ベイ

参照:公式HP

スクールや工房を備えるこのゴルフ練習場で週5日、清掃などの仕事をしていた。

 

大リーグを夢見て過ごした少年時代。

大学は先述の通り、野球強豪の駒澤大学に進学しています。

本人の言を信じるなら2008年頃にはゴルフを始めていることになります。

駒澤大学で野球をしなかったのは、ゴルフに目覚めたからなのでしょうか。

 

参照:NHK

 

スポンサーリンク

 

ここでの勤務態度は真面目で、目立ったトラブルもなかったという。

障害者枠での雇用とのことなので、この時点で2級精神障害者手帳を持っていたことになります。

その影響か幻覚症状が出る可能性があるとし、6月10日の出勤を最後に休みを取りたいと職場に連絡しています。

しかし事件の前日夜【復帰できそうだ】と連絡もあったという。

 

参照:Twitter

 

この時、飯森容疑者の頭の中には犯行計画はあったのでしょうか?

復帰出来そうというのは、計画遂行の後上手く逃げおせると予想してのことか。

もしそうだとするなら、余りにも警察を甘く見ていると思います。

 

スポンサーリンク

 

事件発生の何日か前、飯森容疑者はFacebookを通じてかつての野球部仲間に連絡を取っています。

10年以上連絡を取っていなかった友人からの連絡に無視する者もいる中

【交流をしていきたいから、住所を教えて欲しい】

【年賀状を送りたいから住所を教えて欲しい】

と、実に50人以上に送信していたことがわかっています。

 

この狙いは後に発覚することになります。

 

スポンサーリンク

 

事件発生までの足取り

6月14日

衝撃事件が発生するのは6月16日。

その前々日の6月14日に大阪入りしていたことがわかっています。

宿泊していたのは南千里駅前にある【南千里クリスタルホテル】

 

後に公開される写真に酷似していた為、責任者が警察に通報。

逮捕のきっかけに繋がったと言われています。

 

6月16日

事件当日早朝4時過ぎ、現場となる千里山交番の周りをうろつく不審者が確認されています。

当番の人数、年齢や背格好、襲撃角度などを確認していたのでしょうか?

 

参照:Googlemap

 

 

午前5時過ぎ、関大前駅の公衆電話から千里山交番に

【空き巣が入った。警官2人で来て欲しい】と通報。

これを受けた警官2人が指定された住所に急行します。

この時通報したのは交番を手薄にする為に飯森容疑者が通報したと見られています。

 

当然陽動なので実際に空き巣があったワケではないのですが、しかし飯森容疑者は実在する住所を伝えています。

 

その住所こそ事件発生前にFacebookを通じて手に入れた住所で、その中でも

呑みの誘いを断った友人の住所

とされています。

 

つまり住所を集めていたのはこのように自分の犯行計画に利用する為だったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

警官二人をおびき出した飯森容疑者。

次のステップは拳銃奪取の為に警官を襲うこと。

 

遅れて交番に向かう古瀬鈴之佑巡査が交番を出ようとした時

凶刃が彼を襲います。

計7か所を刺され、左胸の刺し傷は心臓に達するほど深く、意識不明の重体になっていましたが、6月18日現在では快方に向かっているとのことです。

参照:Facebook

 

相次ぐ交番襲撃事件の対策として、外されにくい機構の拳銃ホルダーに順次変更される中、古瀬巡査の拳銃は旧型の外されやすい型だったことが後の捜査でわかっています。

このことまで調べていたのでしょうか?

もしそうだとしたら、本当に精神疾患を抱える程の人間だったのかと思うほど
計画的な犯行のように思います。

 

スポンサーリンク

 

参照:NHK

 

千里山駅の駅員が通報し発覚した事件。

飯森容疑者は既に逃走をしこの場にはいませんん。

次に目撃されたのはイオン北千里でした。

 

参照:Googlemap

 

早朝7時から開店しているイオン北千里店に午前9時過ぎに現れます。

この辺一帯は学生時代に過ごした地。

土地勘もあるので、迷わずイオンまで辿りついたのでしょう。

参照:アエラドット

 

スポンサーリンク

 

イオンで服装を変えた4分後近くのホームセンターで虫よけグッズを

コンビニでモバイルバッテリーや電池を購入しているのが防犯カメラに映し出されています。

 

その後、箕面の山中に身を隠すのですが、何故箕面にいたのか。

それは手に入れた住所に箕面が多かったからとの情報があります。

何かあった時に匿ってもらおうとでも思っていたのでしょうか。

彷徨う姿が防犯カメラに写っています。

参照:NHK

買い物を終えたのが午前11時頃。

それ後、午後8時頃までは付近の住宅街をさまよっているのが各所の防犯カメラが捉えています。

この間の午後15時頃、バイト先であるゴルフ練習場に

警察は来ていますか?】と確認していたそうです。

自分に捜査の目が向いているのを自覚しているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

その間に警察は飯森容疑者の写真を公開。

警戒と共に協力を呼びかけました。

参照:NHK

 

この写真を見て連絡をしてきた男性が居ました。

【親族】とだけ公表されています。

この男性こそ父親である、飯森睦尚(いいもりむつひさ)関テレ取締役常務です。

 

こんな事を報道が伝えられるわけもなく、逮捕後まで明かされませんでした。

 

吉村大阪府知事や後藤吹田市長も、緊急病院を除く学校や図書館を閉鎖するとともに

不要な外出は避けるようにTwitterなどで呼びかけます。

 

捜査員5000人を投入し、G20を控えた大阪で大捜索が始まります。

 

スポンサーリンク

 

6月17日

先日の買い物内容や防犯カメラの映像などから、箕面からあまり動いていないと踏んだ警察は、山中に狙いをつけ夜明けと共に山狩りが始まります。

 

参照:NHK

 

6月17日午前6時34分。

箕面の山中の写真の場所で寝転がり、目を開けていた飯森容疑者を発見。

事件発生から約25時間。

近隣を震撼させ駆け抜けた逃走劇は幕を閉じます。

 

スポンサーリンク

 

逮捕後の飯森容疑者

 

参照:産経新聞

逮捕され取り調べを受ける飯森容疑者。

【私のやったことではありません。私が思うのは病気がひどくなったせいです。
周りの人がひどくなったせいです】

と、話しているようです。

 

まるで自分では何か(誰か)・・・解離性障害を臭わすような供述です。

現に飯森容疑者は2級精神障害者手帳を持っており、逮捕当時も心療内科の診察カードが見つかっています。

また統合失調症と診断されているとの情報も。

 

責任能力無しを得るような精神状態なのでしょうか?

その割には計画性があるように思いますね・・・。

何なら健常者より計画的かもしれない。

 

参照:時事ドットコム

 

スポンサーリンク

 

父親のコメント

既に報道でされている通り、飯森裕次郎の父親は飯森睦尚

関テレ取締役常務だということが公表されました。

17日夕方、テレビなどを通じ謝罪コメントを発信しました。

参照:日刊スポーツ

 

また同じく関テレも文書にて発表しています。

 

参照:日刊スポーツ

 

スポンサーリンク

 

先月起きた熊沢英昭元事務次官は統合失調症を患い、母親に暴力を振るう息子に

自らで手にかけました。

飯森睦尚は一人で大阪に来ており、家族と離れてくらしていました。

それ故息子の変化などにも気づかなかったのでしょう。

そんなとき・・・母は何をしていたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

父の日に、父の誕生日に過去の自分とさよなら

6月16日は父の日です。

近所のスーパーなどには

おとうさんありがとう

と書かれた似顔絵などが飾られていました。

 

しかし飯森家にとって6月16日は違う意味を持つ特別な日です。

それは父、睦尚の誕生日だということ。

 

飯森裕次郎の将来の夢は大リーグでプレーすること。

その夢を東大という目標のためにねじ曲げ、高校では勉強に励んだ。

しかし東大にはいけなかったのかもしれないし、行かなかったのかもしれない。

結果、駒澤大学に入学しています。

 

何故この地を犯行の地に選んだのか。

それは土地勘があると言うことともう一つ。

自分をねじ曲げ、続けたかった野球が出来なくなったこの地。

飯森裕次郎にとって、忌むべき地だったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

強奪した拳銃には5発の弾が入っていたそうです。

しかし逮捕後には4発しかなかった。

 

実は強奪後の午前6時頃、近隣の住民が大きな破裂音を聞いたと情報が入っています。

そしてその場所とは、飯森裕次郎がかつて住んでいた場所のすぐ近くだそうです。

 

飯森裕次郎は奪った拳銃でかつて自分が生活していた家のすぐ近くで発砲することにより

過去の自分を亡くしたかったのでは?と考えました。

それを行うには家族にとって特別な日ではないといけない。

だからこの日、この地を選んだ。

 

スポンサーリンク

 

逮捕時には奪った拳銃はビニール袋に入れてベンチの下に置いてあったそうです。

目的を達した拳銃にもう要はなく、手元に置いておきたくなかったのでしょう。

飽くまでも推測ですので、真実は飯森裕次郎のみ知る事・・・。

本当の事を話して欲しいですね。

私の感想

撃たれた古瀬巡査は18日現在、快方に向かっているとのこと。

ラガーマンの鍛えられた肉体があっての事だと思います。

本当によかったです。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.