不祥事 東須磨教師いじめ問題

東須磨教師いじめの仁王美貴の責任は?加害教師名前(実名)特定やいじめ動画アリ。

更新日:

問題の教師らが実際にいじめを行っている際の動画が公開されました。

この動画は、あろうことか同僚の教師が撮影したものだということです。

後ろから羽交い絞めにし、嫌がる教師に別の教師が激辛のカレーを無理矢理食べさせたる様子が写っています。

撮影している教師からも面白がるような笑い声が聞こえてきます。

 

 

スポンサーリンク

 

羽交い絞めにされ無理やり、激辛のカレーを食べさせられる被害者教師

 

さらに、別の画像も公開されました。被害教師の所有する車に土足で上っています。

車に大人の男性が上った場合、凹みや傷がつくことは、容易に想像できます。写真まで撮影していますので、面白半分で嫌がらせを行っている事は明確です。

 

(引用元:神戸新聞NEXT)

 

 

被害者教師の車に乗る加害者教師

◆加害者の特定◆

 

(引用元:神戸新聞NEXT)

 

ネット上では、加害教師が特定され実名前が挙がっています。この車に乗っている男が主犯格の教師とされています。

 

主犯格:蔀(しとみ) 俊(たかし)

1985年生まれ35歳
2015年4月から東須磨小学校に勤務

 

その他、柴田祐介佐志田英和長谷川雅代の名前が挙がっています。

 

◆事件の責任は?◆

 

<校長の責任>

今回の一連の流れで大きく責任が問われているのは、東須磨小の校長ではないでしょか。

仁王 美貴のプロフ

東須磨小校長 仁王 美貴(55歳)

仁王校長が取った対応を振り返ってみます。

【6月】 校長が別の教師から相談を受けて4人の加害教師に指導。

【7月】 校長は「トラブルがあったが同校で解決した」と教育委員会に報告。
(具体的な内容は報告せず)

【9月】  9月被害者家族が市教育委員会に相談

【10月】 10月3日 全生徒対象の保護者会
      10月4日 報道が開始

校長は、6月にこれらの行為を把握してしながら、7月に解決済みと教育委員会に報告。

被害者家族が教育委員会に相談したことで、事件が発覚しています。

校長は学校の評判を気にしたのでしょうか、自身の保身のためでしょうか。事件を隠ぺいしようとしたことがわかります。上に立つものとしての対応のまずさ、無能さがこれらの教師による悪質な行為が野放しにされていた一因であることは間違いないと思います。

仁王校長は2019年4月に教頭から校長に着任したばかりの新任の校長ということで、加害教師らに甘く見られていた、舐められていた節があるのではないかと思われます。

校長が加害教師に指導をした際、一人の教師が「謝ってやるよ」と暴言とも取れる言葉を口にしたとの報道もあります。

このことからも、赴任してきた上司が古くからいる力を持つ部下に強く言えない状況にあったのではないかと察することが出来ます。

東須磨小の教頭に問い合わせをしたところ、現在、加害教師4人は有給や傷病で休暇中だということです。

また、東須磨小への復帰はなく、今後は教育委員会の処分次第とのことです。

 

スポンサーリンク

 

<市教育委員会の責任>

 

参照:関テレ

市教育委員会は、4人の教師の処分を検討していると言っていますが、「しばらく有給で休ませた後、違う学校に配属させて復帰させるのではないかと」の懸念もあります。

教育委員会という組織はこれまで、いじめを苦に自殺をした生徒がいたとしても「いじめはなかった」と不誠実で無責任な発表を繰り返します。

今回も、身内に甘い教育委員会は「悪いことをしても、ほとぼりが冷めるまで隠れていれば大丈夫」とでも言うのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回の事件を、教師間による「いじめ」や「度が過ぎたからかい」という言葉で報じるべきではないと思います。

羽交い絞めにして激辛のカレーを無理矢理に食べさせたり、目にこすり付ける行為は失明の危険もあり、「傷害罪」にあたります。車の上に土足で上る行為は、「器物破損」にあたり共に立派な犯罪行為です。

教師が犯罪行為を行ったのですから、厳重に処罰されるとともに、教師としての資質が問われるべきであると思います。

教師に復職することは、世間の声が許さないでしょう。

この事件を受けて、東須磨小の生徒や保護者に動揺が広がっています。

学校や先生に全幅の信頼を寄せていた中で、このような犯罪行為が教師間で咎められることなく行われていたことにショックを受けている事でしょう。

市教育委員会には、学校の信頼を回復すべく厳正な対応が求められています。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.