優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

不祥事

藤森太将選手にドーピング疑惑?弟も競泳で父親もコーチ!経歴を調べてみた

更新日:

3月29日 日本水泳連盟はリオデジャネイロ五輪の

競泳男子200メートル個人メドレーで4位入賞した

藤森太将(ひろまさ)選手(27)

にドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。

 

東京五輪が来年に迫っている中、競泳会のみならず

スポーツ界に衝撃が走っています、

その内容とは?

 

ドーピング疑惑の概要

問題のドーピング疑惑が持たれているのは

2018年12月中国で行われた世界選手権25メートルの部

に出場した時のことである。

 

その際の検査で興奮剤である【メチルエフェドリン】

が検出されたのだ。

予備のB検体でも陽性反応が出た事により

今回の決定に至ったようである。

 

スポンサーリンク

 

そもそもこの【メチルエフェドリン】は何に含まれていたのでしょうか。

一般的には市販の風邪薬に含まれている成分で、気管支を広げ咳を
和らげる作用を持っています。
大量投与するこにで精神を高揚させ、血流を増加させるため
競技時の能力向上の可能性があることから禁止物質となっています。

つまり風邪薬だと思って飲んだ薬に【メチルエフェドリン】
混じっていた・・・こんな事、誰にでも起こり得る話です。

 

意図的に摂取はしていない。
体内に摂取する物については日ごろから気をつけているので
今回の結果に大変ショックを受けている。
参考:Yahoo!
と藤森選手本人もコメントしています。
 
しかし競技前などに薬やサプリメントを飲んでいない
そうなので・・・この成分は一体どこから藤森選手の
体に入ったのでしょうか?

去年の1月カヌーではライバル選手のペットボトルに
禁止薬物をこっそり混ぜた事により、混ぜた本人が
処分を受けています。

今回もまさかそのような事は・・・。

藤森選手本人に覚えがないのなら、そういう
可能性もあるのでは・・・と考えてしまいます。

 

今回の決定により藤森選手は国際水連(FINA)による
暫定的な資格停止処分を受けます。
それにより4月2日開幕の日本選手権には出場できないそう。

 

スポンサーリンク

 

藤森太将選手の経歴

ここで藤森選手の経歴を紹介したいと思います。

参照:木下グループ

名前 藤森 太将(ふじもり ひろまさ)
年齢 1991年8月7日 27歳
出身校 日本体育大学大学院
所属 ミキハウス→木下グループ
出場競技 100m・200m個人メドレー

同い年にはリオデジャネイロ五輪で男子400メートル個人メドレーの金を含む
三つのメダルを獲得した萩野公介選手がいますね。

 

 

五輪代表のコーチを務める父・善弘さんの影響で水泳を始め、本格的に選手の道を志したのは中学3年生の時。
勉強が得意ではなかったから高校で水泳に没頭したかったそうです。

善弘さんの指導はつらいが結果が出た時の喜びも大きかったそう。
善弘さんがいなければ水泳選手の自分はいないという程。

その後静岡の私立飛龍高校に進学。
ここはスポーツ選手も多く輩出する学校ですね。

大学は日体大を卒業後
ミキハウス→木下グループと所属を変えています。

 

スポンサーリンク

 

ここで欠かせないのが家族の存在ですね。

父・善弘さんは上述の通り日本代表のコーチで

参照:Yahoo!

シドニー五輪銀メダリストの田島寧子さんを育てた有名なコーチです。

 

そして藤森選手には3歳年下の弟さんがいます。

参照:Yahoo!

名前 藤森 丈晴(ふじもり たけはる)
年齢 1994年2月17日
出身校 日本体育大学
所属 ミキハウス
出場競技 200m・400m個人メドレー

丈晴さんの同い年には瀬戸大也選手がいます。

この3人・・・大学が実は同じで日体大なんですね。
高校も同じ、所属も今は違いますがミキハウス。
競技もメドレーとスゴイ一体感のある家族だと思いました。

お母様もリオ五輪前には【お父さんと一緒に五輪に出られたらいいね】と
話ていたそうで、まさに藤森家が一つとなって目指した五輪だったようです。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応と今後

みなさんの反応を見てみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

やはり不可解な判定に疑問の声が多いです。

見に覚えがない薬がカラダから検出されるなんて・・・。

周りよりも藤森選手本人が一番びっくりしているでしょうね。

 

今後については

差し当たって4月の日本選手権には出場できないのは決定しているそうです。

その後については発表待ちという事でしょうか。

 

しかしリオ五輪前の同選手権は代表選考も兼ねていたそう。

そこで標準記録以上を出して代表入りを果たしたので

この大会に出られないのは、東京五輪を目指すにあたっては

相当厳しい状況なのではないか・・・と思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

去年にも水泳では禁止薬物が検出された選手が4年間の資格停止処分を

受けています。

現在はスポーツ仲裁裁判所にて係争中だそうです。

 

今回も同様の流れにならないよう、祈るばかりです。

最近の水泳は少し良くない事が多いですね・・・。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.