迷惑行為

道頓堀(令和)ジャンプ男特定!動画アリ!川ではない場所に落ちるまさかの事態に!詳細を調べました。

4月30日~5月1日にかけての歴史的瞬間。

平成が終わり、令和が始まるこの瞬間に・・・歓喜(狂気?)に

包まれてお祭りムードの大阪・道頓堀。

 

何かにつけて飛び込まれる道頓堀に新たな歴史を刻んだ男が現れました。

一体この瞬間、何が起こっていたのでしょうか?

 

動画まとめはこちら↓↓↓

道頓堀(令和)ジャンプの狂気空間

改元の前より徐々に人が集まり出した大阪の観光名所、道頓堀。

特にグリコの看板が見える通称【ひっかけ橋】にもたくさんの人が集まってきて

ホントお祭り状態。

 

そこの現れたこの男性。

参照:Twitter

年齢は・・・20代後半から30代前半?ぐらいに見えるこの男性。

ミニオンのTシャツに身を包んで、もう既に酔っているようにも見えます。

 

この男性に何が起こったのか・・・動画で順を追ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

周りの静止を振り切って・・・いや、これは横手の男性も煽っているだけです。

 

なんと落ちたのは、川ではなく・・・偶然通りかかった船の船首付近!

そのままグッタリしているように見えますが、大丈夫でしょうか?

 

落下した船視点の動画・・・頭を上げて反応はしているので

命に別状はないようですが・・・。

白い服の人は船頭さんでしょうか?陸へ上がるように促しているように見えます。

 

スポンサーリンク

この男性はどうなった?

落下したのが船と陸との緩衝用に積んだタイヤの部分だったのでそれがクッションになったそうです。

にしてもタイヤって結構固いし、あの高さからタイヤに落下するのも相当な衝撃だったと思います。

 

ケガなどはなかったのか・・・声をかけたのはこの船を運営する

とんぼりリバークルーズ】のスタッフのようです。

落ちた男性は救助を断り立ち去った故に、ケガの具合などはわからず・・・。

 

しかしその後、友人と見られる人の書き込みがTwitterに上がっていました。

 

スポンサーリンク

 

頭などは打ってないようでひとまずはよかったというべきでしょうか。

この友人の擁護発言でアカウントは炎上状態になっているのは容易に想像できます。

 

行政も注意喚起しているのも関わらず飛び込んだこの男性に非があるのは当然。

幸い、船の乗客にケガ人が出なかったのでよかったですが・・・

出ていたら今頃は別の運命が待っていたと思います。

 

この船を運営する【とんぼりリバークルーズ】は以下のように発表しています。

船の上に人が落ちてくること自体初めてですし、想定外です。
今回の事故を受け、あらためて注意策を検討しなくてはならないと
感じています。
飛び込みに関しては再三注意されてきましたが、メディアが取り上げたりするので、目立とうとする人が後を絶ちません。
本当に危険なのでやめてほしいです。
今回はクルーズに乗船していたお客さまにも船にも被害はありませんでしたが、現在警察に事故状況を報告するため準備を進めています。
参考:Yahoo!
 
・・・確かに道頓堀は川への飛び込みが過去にもありました。
 
2014年→2015年への年明けカウントダウンで飛び込んだ学生は
そのまま上がってこず、死亡しました。
 
想定していないというのは、確かにそうだと思います。
 
 
普通は飛び込まないですから。
 
行政が静止してもこのような人が現れる以上、ある程度の対策も必要になってくるんでしょうね・・・。
 
 
スポンサーリンク

私の感想

改元で異様な空気感の道頓堀。

目立ちたいが為にこれを行ったのでしょう・・・その目的自体は成就しています。

しかし大人として・・・やはり間違っているのではないか?と思います。

これ以上、ケガ人などが出ない事を祈ります。

 

以上、ありがとうございます。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.