世の中の話

ダーリールーティエの現在は?テキサスセレブ一家を襲った殺人事件の真相と実際の動画!

アメリカ、テキサスで起きたセレブ一家殺人事件。

男の子2人が殺されるという悲惨な事件の犯人や、真相について迫りたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

テキサス州一家殺傷事件発生

参照:Yahoo!

 

1996年6月6日事件は起こりました。 

 アメリカ・テキサス州のローレットに住む、一家5人の家で上の息子2人が殺害されたのです。 

 

当時の母親であるダーリー・ルーティエがリビングで寝ており、

何者かにより3人息子の上の2人デイモンデボン刺されたとして通報しています。 

 

2人は胴体ナイフで何度も斬り付けられており、頸動脈などを深く斬り付けられた後もありました。 

実際に撮影された写真がありますが・・・

あまりに凄惨なものでしたので、閲覧は自己責任ということでお願いします。

 

実際の写真①

実際の写真②

 

母親のルーティエも同様、腕などに傷を負っていましたが、これは2人に対しとても軽いもので

およそ2mmの深さにも満たないものでした。 

この時点でデモンにはまだ息があり、父親の必死の応急処置により病院に運ばれましたが、

その後死亡したという事です。 

 

参照:Yahoo!

 

 

スポンサーリンク

 

不可解な点

 

参照:Yahoo!

 

しかしこの段階で、警察は不可解な点を見逃しませんでした。 

 

 不審な点① ガラス

まず、警察が目をつけたのは、ガラスです。 

 

ルーティエの証言によると、犯行があってからキッチンの窓がある方まで行き、助けを求めたと言います。 

 しかし、部屋中一面ガラスの破片が散らばってはいましたが、

母親のルーティエの足の裏には傷1つなかったという事です。 

 

 

不審な点② 網戸

2つ目に気がついたのは、窓の網戸でした。 

 

これについては、ナイフで切り裂きそこから犯人が逃走したと言っていましたが、

跡はそこから逃走したにしては、あまりにも状態が良すぎるという事でした。 

 

 不審な点③

そして3つ目は、強盗として考えるには何故か貴金属などには手がつけておられず、

家族に恨みを持っていたと考えるには、2回にいた生後6ヶ月のドレイクは青あざ程度で無傷だったという事です。 

 

また他にも、兄弟2人が殺されていたソファが不自然に拭き取られていたり、

飼い犬のポメラニアンがなぜ夜中に吠えなかったのか…など、不自然な部分が多くあったのです。 

 

 

スポンサーリンク

 

参照:Yahoo!

 

この事から、警察は家族の中の誰かが犯行に及んだとして、考えられる母親のルーティエに焦点を絞りました。 

彼女はICUにて治療を受けている最中も、息子の死を悲しみ、涙を見せる様子はなかったそうです。 

 

また、息子の葬儀代についても2人分かかるという事で、メイドからは金銭面も心配されていましたが、

2人分の保険料が入るからと淡々と語っていたそうです。 

 

 

スポンサーリンク

 

息子の墓の前で

参照:Yahoo!

 

 

ルーティエは、息子の誕生日になるはずだった日に、墓石の前で誕生日パーティを開きました。 

しかし、その誕生パーティでルーティエはガムを噛み、スプレーフォームで墓石を飾り

悲しみのカケラもないようなひどいパーティだったようです。 

 警察はこのパーティの様子を盗撮し、この4日後にルーティエを逮捕しました。 

 

スポンサーリンク

 

ルーティエという人物

参照:Yahoo!

 

ルーティエは昔から極度の目立ちたがりだったそう…。 

夫との結婚前からその兆候は現れていたそうです。 

 

あるパーティーで自分への注目が集められなくなると

一度姿を消し戻ってきたときには【レイプをされた】と嘘の証言をするほどだったとか…。 

 

 

彼女の夫はもともと起業家で、比較的裕福な生活をしていたようです。 

ルーティエも豊胸手術など身なりに相当投資をしていました。 

 

しかし職業柄、良い時期も続かず、事件当時はローンが未払いになる他、

少額のローンも組めない状態だったのだそうです。 

 

保険金と世間の注目を浴びるという二つの欲求を満たす為に

2人の幼い命が奪われたのです。

 

参照:Yahoo!

 

 

スポンサーリンク

 

ルーティエは今何をしているか

 

参照:Yahoo!

 

ルーティエはデイモン殺人の罪に問われ、1997年死刑判決を受け現在も死刑囚として現在も過ごしています。 

 

生き残った3番目の息子ドレイクは白血病を患っているそうです。

またルーティエの家族・・・夫やルーティエの実母、義母や知人含め多くの関係者がルーティエの無実を確信してるとのこと。

インターネットでこの事件の再捜査を担当地方検事や上院議員への訴えを呼びかけていて

支援サイトで賛同者も募っています⇒We Support Darlie Routiers Innocence

(現在は終了しています。)

 

この状況に当のルーティエはどう思うのでしょうか。

真実は本人のみが知る事なのでしょうが、罪を犯した自分を信じ続けてくれている家族に対し罪の意識は感じるのか。

 はたまたその目立ちたがり気質が表に出て、心の中でニヤついているとしたら・・・本当に恐ろしい女性です。

 

スポンサーリンク

 

実際の音声や動画

この凄惨な事件をまとめた動画や電話のやり取りなどを収めた動画が投稿されているので、紹介したいと思います。
(全英語です)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

 真実は定かではありませんが、ルーティエが息子の死を悲しまない残酷な人物だということは間違いないのではないですよね。 

皮肉ではありますが、彼女はメディアによる放送という形で、実に多くの注目を浴びられたのではないでしょうか。

 

更なる詳しい内容は10月20日放送の【世界法廷ミステリー】で明らかになります。

番組の放送を楽しみに待ちたいと思います。

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.