不祥事

千原台高校陸上部暴行監督を顔画像実名特定?駅伝強豪校の部活練習暴行問題の詳細

投稿日:

今年4月以降に熊本市立千原台高校の男子陸上部の監督を務める37歳の男性教諭が、部員に暴行を働いていた事が発覚。

教育委員会には匿名の通報が寄せられ、事態の発覚となったようです。

この問題の陸上部監督は一体だれなのでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

熊本千原台高校陸上部暴力問題の概要

 

熊本市教育委員会によると、千原台高校男子陸上部で監督を務める37歳の男性教師は
2019年4月から複数の部員に対して、部活動の練習中や夏休みの合宿中に、ほほを殴るなどの体罰を繰り返していたという。
10月16日、市教委に匿名の通報があり、発覚した。
市教委は、監督や男子陸上部の全部員への聞き取り調査を実施し、体罰があったと判断。
監督自身も体罰をしたことを認めていて、速やかに監督の処分を検討するとしている。
千原台高校男子陸上部は、全国高校駅伝に3度出場した強豪校で、男性監督は2010年から男子の監督を務めている。
参照:FNN

 

スポンサーリンク

 

 

学校の場所

 

現場となった学校は熊本県熊本市西区島崎2丁目にある【熊本市立千原台高等学校】ということです。

 

スポンサーリンク

熊本市立千原台高校陸上部の詳細

 

千原台高校男子陸上部は、全国高校駅伝に3回出場した強豪校です。

以下は陸上部の成績です。

 

平成4年熊本女子駅伝初優勝 県、九州で優勝 

世界クロスカントリー大会日本代表 陸上部から7名を輩出

2008年全国高校駅伝 千原高校女子陸上部 準優勝
2017年熊本高校駅伝 千原台高校男子陸上部 5位
2017年熊本高校駅伝 千原台高校女子陸上部 3位
2018年熊本高校駅伝 千原台高校男子陸上部 3位
2018年熊本高校駅伝 千原台高校女子陸上部 優勝 
2019年熊本高校駅伝 千原台高校男子陸上部 3位
2019年熊本高校駅伝 千原台高校女子
陸上部 優勝 

 

201490回箱根駅伝総合優勝 東洋大学で10区を務めた

大津顕杜さんをはじめ、山瀬大成さん、古場京介さんの出身校でもあります。

 

このモザイクがかかっているのが、今回の陸上部監督と思われます。

 

◆千原台高校陸上部が掲げるスローガン「勝利への道」◆ 

 1チームワーク
2心のスタミナ
3 基礎基本
4 技(フォーム)
5 運

 

スポンサーリンク

 

 

監督詳細

ではこの問題の陸上部監督は誰なのか。

例によって名前は公表されていません。

 

そこで調査をしたところ、強豪校故にメディアに取り上げられるなどしていてある程度は絞り込めました。

 

 

今回問題となった37男性教師は、2008男子陸上部コーチ、2010年から男子陸上部監督に就任しています。

2015年の記事の中に、内田健太郎監督と名前があります 

 

 

平成26年の全国高校駅伝出場校一覧の中で千原台高校男子監督名も内田健太郎とあります。 

今回、複数の部員に体罰を与えた監督は【内田健太郎】ではないでしょうか。

 

 

青いセーターを着ているのが、内田監督です。

 

 

 

 

 

名前 内田 健太郎(うちだ けんたろう)
年齢 39歳
職業 高校教師(陸上部顧問)
出身校 日本体育大学

 

結婚式の写真もありますので、奥さん(妻・嫁)はいるようです。

 

スポンサーリンク

 

暴行の内容と動機

千原台高校男子陸上部の監督が今年4月から10月にかけて、部活動の練習中や夏休みの合宿中に部員の頬を殴ったりけるの等の体罰を繰り返していました 

 

監督は、体罰を認めたうえで、体罰の理由として

激励して記録を伸ばしてあげたかった
指示した練習がされていなかった

 

と話しているということです。 

 

過去の新聞記事にもあるとおり、内田監督は普段から厳しい監督のようでした。

恐らくこれらの体罰は最近になって始まったことではなく、

も黙認されていた事実だったのではないかと推測されます。 

 

20183月には千原台高校男子陸上部が金峰山頂上間を往復する25kmの長距離トレーニング中に生徒が斜面を滑落して、病院に搬送される事故が起きています。 

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

内田監督の出身大学である日体大でも、2018年に日体大陸上競技部箱根駅伝ブロック内で体罰やパワハラ問題が発覚していました。 

内田監督自身もおそらくは、厳しい環境の中で陸上競技生活を送ってきたのだと思います。

だからと言って自分がされていたことなのだから、自分の教え子にも行ってよいということでありません 

 

これまで、【体育会系】といった曖昧な言葉でごまかされていたこれらの暴力や暴言は今の時代は体罰やパワハラ行為とみなされます。

処罰の対象となることを自覚していただきスポーツマンシップは選手だけに限らず

監督も取り組むべき姿であると認識していただきたいと思います。 

 

以上、ありがとうございました。

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.