事故・事件

八戸通り魔事件犯人少年の顔画像は?中学校特定?凶器にカッターナイフを選んだ理由と殺傷の動機

11月12日午後4時40分ごろ、八戸市新井田西の路上で小学6年の女児が切り付けられました。

この事件で14歳の少年中学生が逮捕されました。

 

凶器と供述が噛み合ってないような……真の動機はどこにあるのか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

八戸通り魔事件の概要

 

 

青森県八戸市の路上で小学生の女児が首を切られて負傷した事件で、青森県警は12日、同市に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で逮捕した。

県警によると、少年は容疑を認め、【殺すつもりだった】との趣旨の供述をしているという。

逮捕容疑は、12日午後4時40分ごろ、同市新井田西の路上で、小学校高学年の女児の首を刃物で切りつけ、殺害しようとしたとしている。

女児はのど付近を深さ最大1センチ、長さ約10センチにわたり切られており3週間のけが。搬送先の病院で治療を受けている。

参照:毎日新聞

 

スポンサーリンク

 

現場の場所は?


現場は青森県八戸市新井田西の路上ということです。

スポンサーリンク

 

少年の詳細

小学生の女の子を殺傷した少年の情報です

名前 不明
年齢 14歳
住所 青森県八戸市
中学校 八戸市立大館中学校の可能性も?

 

顔画像は発表されていません。

少年法により公開されないと思われます。

 

ただ中学生という事で、イタズラ半分で同級生などが写真を流出させる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

動機は?

 

女児と少年には面識がなかったとみられていて、今回の事件は無差別通り魔事件であった可能性があります。

少年は【殺すつもりだった】と明確な殺意を口にしています。

自分より弱い小学生の女の子を狙うというとても卑劣な犯行でした。

 

通り魔事件の犯行の動機は、イライラしていた、日頃の不満や鬱憤がたまっていたなどが多く

それらの鬱積した気持ちを晴らそうとして犯行に及ぶことが多くあります。

少年も同じような動機を抱えていたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

一方で、少年が凶器に選んだのは殺傷能力の低いカッターナイフでした。

本当にカッターナイフで人が殺せると思っていたのでしょうか。

だとしたら、とても稚拙な犯行だったと言わざる負えません。

 

または、実際は殺すつもりなどはなく事件を起こすことで

世間の注目を集めたかった

自己表現をしたかった

などといった歪んだ欲求を持っていて、犯行に及んだ可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

ランドセル2つの謎

 

 

確かに鑑識が両手に持つのはランドセルに見えます。

逮捕されたのは中学生ですから、ランドセルは少年の物ではありません。

 

では誰の物か。

未だに出てきていない3人目の関係者がいるのでしょうか……。

だとしたら犠牲者?

まさかの加害者側?

女の子の同級生だとしたら、いじめなどの可能性もあります。

 

今後の捜査で明らかになるんでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

少年法の在り方

犯人が逮捕され、中学生の少年だと判明し衝撃が広がています。

このような事件の場合、凶悪な犯罪者が低年齢というだけで【少年法】によって守られ、適切な処罰を受けないことが疑問視されます。

今回の少年のように殺意を持って犯行に及んだとしても、少年法の基で教育を持って更生を促すような甘い判断を下すのでしょうか。

 

加害者を守る前に被害者に重きを置くような制度が必要なのではないか思います。

被害者が【やられ損、運が悪かった】と泣き寝入りせざる負えない状況は、あまりにも理不尽で納得がいきません。

そろそろ少年法を見直す時期に来ているのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

私の感想

小学生の女の子が、下校の途中で背後から首を切りつけられるなど考えただけで恐ろしい事件です。

被害者の女の子は怖かったでしょうし、痛かったでしょう。

精神的なショックや大きなトラウマを抱えてしまったかもしれません。

女の子の心のケアが十分になされることを期待します。

また、少年には深く反省して罪を償ってほしいと思います。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.