事故・事件

安藤寛顔画像と衝撃の犯行動機。医者故のストレスも原因か?東京医師スリングショット事件。

11月3日未明に自宅マンションからスリングショットで金属弾を撃ち込み、近隣に被害を与えたとして

安藤寛容疑者(59)が逮捕された。

 

子供の遊びでも悪質ですが、まさかの大人の仕業・・・。

一体動機はなんだったのか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

東京医師スリングショット射出事件の概要

 

東京・文京区で、強力なゴム銃を使い、他人の家に向かって、繰り返し金属の玉を撃ち込んでいたとみられる医師の男が逮捕された。
医師の安藤寛容疑者(59)は、11月3日深夜、文京区の自宅マンションから、【スリングショット】と呼ばれる強力なゴム銃を使い、金属の玉を近所の家に撃ち込み、雨戸を傷つけた疑いが持たれている。
安藤容疑者とこの家の住人との間に、面識はなかった。
当時、安藤容疑者は、30分間におよそ10発の玉を撃ち込んでいたとみられ、
調べに対して、【ゴムを解き放って玉を撃つことが快感だった【興奮し、連続して撃ち込んでしまった】と供述している。
参照:FNN

 

スポンサーリンク

 

現場の場所

 

東京都文京区本駒込にある安藤容疑者の自宅マンションの共用通路から

近くに住む60代男性宅に向けて球を撃ち、雨戸をへこませました。

 

スポンサーリンク

 

安藤寛詳細

スリングショットを使い、他人の家に被害を与えた男の詳細です。

 

名前 安藤 寛(あんどう ひろし)
年齢 59歳
住所 東京都文京区本駒込6丁目 
職業 医師

 

 

スポンサーリンク

 

犯行内容と動機

 

 

 

 

 

 

安藤容疑者は、11月3日午前2時半ごろ自宅マンションの共用通路から、

近くに住む60代の男性宅に向けて球を撃ち、雨戸をへこませました。

周辺では昨年9月以降、同様の被害が8件発生しています。 

 

犯行時間は午前2時頃の真夜中です。

夜の闇に紛れて誰にも見つからないと思っていたのでしょうか。

 

安藤容疑者

興奮して10発くらい連続して打ち込んでしまった。
ゴムを解き放って球を撃つことが快感だった

 

と話しているとのことです。 

 

球が何かにあたることに興奮を覚えるのではなく

ゴムを解き放って

という独特な表現に動機につながる深層心理が隠れているのではと感じます。

 

抑圧された感情が解き放たれる感覚ににていたのかもしれません。

医師という職業柄、清廉潔白でいることに疲れ、悪事を働いてみたくなったのでしょうか。

または、溜めこんだストレスからの解放だったでしょうか。

いかなる理由であれ、威力の強い金属の球を撃ちこむことは、

人に危害を加えるかもしれない危険な行為であったことは明確で、弁解の余地はありません。 

 

スポンサーリンク

 

スリングショットによる他の事件 

同じようスリングショットを使用した事件が過去にもあります。 

 

 

2016年10月26日 

東京都八王子市の18歳と19歳の建設作業員の男が、八王子市下恩方のコンビニの駐車場から、約60メートル先を走行中の路線バスと約18メートル先のスクールバスにに向けてスリングショットで金属性の球を発射し、厚さ4ミリの強化ガラス2枚を割りましたいずれのバスに乗客が乗っていましたが、乗客にケガはありませんでした。現場付近の防犯カメラには、少年らが球を飛ばした後にガッツポーズをしている姿が映っていて「何かに当てる実感が欲しくてバスを撃ってみた」と供述したということです。 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スリングショットの使用目的

現在日本では主に、農家の方々が作物を野生動物から守るために、

獣の追い払いや威嚇をするための鳥獣対策として使用されています。

その場合は、周囲の安全を確認した状態で使用することがルールになっています。 

 

ところが、一部のマニアによるスリングショットを使用した野鳥狩りを楽しむ姿が、

しばしば目撃されることがあります。

これだけ威力の強いスリングショットを所持していることは、銃刀法に違反しないのでしょうか。 

以下、銃刀法の条文です。 

銃刀法剣類所持等取締法(銃刀法)一章 第二条 

この法律において「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属製弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃(圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう。以下同じ。)をいう
参照:wiki

 

とあり、ゴムの威力で球を飛ばすスリングショットは銃ではないということになります。 

一方で、スリングショットを住宅地で使用することは、以下の軽犯罪法には抵触する可能性があると思われます。 

 

軽犯罪法  

第一条 該当する者は、これを拘留又は過料に処する。 

二 正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の進退に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者
参照:wiki

 

今回の安藤容疑者は、スリングショットを自宅で使用し持ち運ぶことは無かったため

器物破損の容疑で逮捕となりました。 

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

ネット上でも様々な声が上がっています。

 

 


スポンサーリンク

 

私の感想

今回の事件は、少年がいたずら目的で行ったものではなく、

59歳の大人の男性でしかも医師という社会的地位が高いと言われている職業の人が行った犯罪行為だったことに、心の闇を感じます。

けが人がいなかったことは幸いですが、安藤容疑者には深く反省をしていただきたいと思います。 

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.