優しい世界

世の中の話をわかりやすくまとめました

事故・事件

鹿児島阿久根(あくね)無理心中。小学生を連れて一家心中か?現場の様子と詳細を調べました。

更新日:

5月13日 午前5時35分頃 鹿児島県阿久根市の阿久根港で

海に車が沈んでいくとの110番通報があった。

警察と消防がかけつけ、乗っていた4人の男女を

病院に救急搬送したがいずれも死亡が確認された・・・。

 

ここの所、交通事故が相次ぎました。

しかし今回は・・・一家全員が海に身を・・・。

 

5月14日家族の身元が判明しました!

鹿児島阿久根(あくね)一家心中の概要

 

 

13日午前5時37分ごろ、鹿児島県阿久根市港町の阿久根港で
「岸壁から20~30メートルほど先で、車が海中に沈みそうになっている」と、通りかかった漁協関係者の男性から110番通報があった。
阿久根署員が駆けつけると、海中に沈んだ乗用車から男女4人が見つかり、病院に搬送されたがいずれも死亡が確認された。
同署が原因や身元の確認を進めている。 
同署によると、成年の男女2人と未成年の男性2人とみられる。
いずれも服を着ており、目立った外傷はないという。
4人とも引き揚げられた当時、心肺停止状態だった。岸壁には車両止めはなかったという。
参照:朝日新聞

 

スポンサーリンク

 

・・・。

成年男女2人・・・お父さん、お母さん。

未成年男性二人・・・息子2人。

という構成が容易に想像出来てしまいますね・・・。

 

成年男女は共に40代で、未成年二人は小学生ぐらいとのこと・・・。

時間が朝方なのと、阿久根にはレンタカーショップが無い事から

同じ鹿児島県内からここを目指して、前日から出発したのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

車が沈んでいた場所は?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

沈んでいたのは鹿児島ナンバーのレンタカーとのことでした。

阿久根にはレンタカーを借りれる店が無かったはずとの情報もあるので

鹿児島県内のどこかからここを目指したのか・・・。

それとも迷い迷った末にここを選んだのか。

 

いずれにしても、そこの至るには相当な苦悩があったのでしょう・・・。

それは当人にしかもう知り得ない事となってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

亡くなった男女4人の詳細は?

亡くなったのは成年男女2人と、未成年男児2人とのことでした。

現在わかっているのは

・成年男女は共に40代。

・未成年男児2人は小学生

・鹿児島県内に在住。

以上です。

 

衣服などが乱れていないこと、ブレーキ痕が無い事から

一家心中ではないかと思われます。

追記

亡くなったのは奄美市に住む家族ということです。

名前 平 和幸(たいら かずゆき)(夫) 春美(はるみ)(妻) 空(そら)(長男) 世名(せな)(次男)
年齢 41歳 40歳 11歳 8歳
住所 鹿児島県奄美市 同左 同左 同左
職業 会社員 主婦? 小学生 小学生

 

車の中から遺書は見つかっていないそうです。

 

スポンサーリンク

 

鹿児島県内に在住とのことですが、この場所に来るまで

車内ではどんな会話がされていたのでしょうか?

 

子供たちは夜のドライブにはしゃいでいたかもしれません。

それを聞くお父さんお母さんはどういった心境だったのか・・・。

胸が締め付けられる思いだったかもしれません。

 

ごめんね、ごめんね、と心で何度も叫び続けて車を走らせていたのでしょうか。

そんな思いをしてでも・・・家族の命を決しなければならなかったのは・・・

一体この家族に何があったのか・・・・今後の調査で明らかになると思います。

 

スポンサーリンク

 

追記2

出張で先に鹿児島市に来ていた和幸さん。

それを追いかけるように3人の家族が鹿児島市に到着、

4人での熊本旅行にレンタカーを借りたそうですが・・・・。

普段と変わらない様子だった和幸さん・・・。

その心中は一体どうなっていたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ネットの反応

みなさんの声を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

私の感想

子供を巻き込むな!との声もありますね。

確かにそれもありますが・・・両親に残された息子達2人は、それ以上の悲しみを

背負っていかなければならない・・・。

それも辛すぎませんか?

一体何が正解なのか・・・。

 

以上、ありがとうございました。

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.