事故・事件

伊藤仁士(いとうひとし)顔画像TwitterFacebookは?赤坂彩葉(あかさかいろは)はプチ家出?男との関係性は荒野行動か?他の監禁女児は誰?

11月17日から行方が分からなくなっていた小学6年生の赤坂彩葉ちゃんが栃木県内で発見されました。

監禁されていたとみられていて、一緒にいた伊藤仁士容疑者(35)確保しました。

 

 

強引に連れ去られたのではなく栃木までは電車で向かったとのこと。

プチ家出のつもりがここまで大きくなってしまったのか

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

赤坂彩葉ちゃん行方不明事件の概要

 

 

大阪市住吉区の自宅から外出した後、行方不明になっていた小学6年の赤坂彩葉(12)が栃木県内で保護された事件で、女児とともに監禁されていたのは、栃木県内の10代の少女とみられることが捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、女児は23日午後1時半ごろ、栃木県小山市内の交番で
30代くらいの男の家から逃げてきた】と申告。
もう1人女の子が家にいる】と説明したため、栃木県警が捜査していたところ、男が少女とともに家から出てきたため、県警が身柄を確保した。
参照:産経新聞

 

 

スポンサーリンク

 

監禁されていた場所は?

 

はっきりした監禁場所については判明していません。

しかし彩葉ちゃんが逃げ込んだのが栃木県小山市の犬塚交番とのことなのと

伊藤容疑者は栃木県小山市在住とのことなので、この辺りのどこかが伊藤容疑者の自宅であり監禁場所なのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

追記

 

伊藤容疑者の自宅が判明しました。

この家に彩葉ちゃんともう一人の女の子が監禁されていたとこになります。

自転車も何台かありますし、そこそこ大きな家ですので、家族と同居しているものと思われます。

 

1988年に東京足立区で起きた女子高生コンクリート事件。

仲間内で女子高生を被告の自宅に拉致し、悪逆非道な行いの末女子高生を死亡させた事件。

この事件では亡くなった女子高生の脳は、受けた苦しみや痛みなどに耐え切れず、考えるのをやめ委縮してしまった状態で発見されました。

暴行をされていた家に住んでいた被告には両親がいて、逃走を促したり介抱をしていたそうです。

 

今回はどうだったのでしょうか。

自分の家に見知らぬ女児が二人もいるという異様な光景を見過ごす親もいないと思います。

もしくはそれも見過ごさなかればならないほど伊藤容疑者は暴力的で親すらも犯行出来ないのか。

そもそも、親は住んでおらず、伊藤容疑者一人で住んでいた可能性もあります。

 

状況的には伊藤容疑者が一人で住んでいた、が現実的でしょうか。

いずれにせよ、今後の捜査でこの辺りも明らかになると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

伊藤仁士の詳細

赤坂彩葉ちゃんを監禁していた男の詳細です。

 

名前 伊藤 仁士(いとう ひとし)
年齢 35歳
住所 栃木県小山市
職業 不詳

 

彩葉ちゃんとの連絡をSNSで取っていたことからTwitterなどのSNSアカウントを所持している可能性が高いです。

今後、こちらの方も調査をしてまいります。

 

スポンサーリンク

 

赤坂彩葉ちゃんは家出か?

彩葉ちゃんは行方不明になる以前に

家も学校も嫌

と周囲に話していたそうです。

 

そんな中でもゲームでは別の自分を演じる事ができ、様々な服や装飾を施すことが出来ます。

 

 

こちらがそのアカウントです。

 

Twitterでは荒野行動での仲間ともやり取りが出来ます。

ゲーム内では端末を利用してのボイスチャットも可能ですから、声を聞いている分Twitterでのやり取りに対してもハードルが低かったのかもしれません。

 

そんな事もあって、彩葉ちゃんは家出を決意。

伊藤容疑者はそれを手伝うという形で近づいたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

家出が誘拐に変わった

大阪から栃木まで・・・およそ400キロを電車で移動しています。


家出当時の所持金はほとんどなかったそうなので、旅費は伊藤容疑者が出したのでしょう。

 

道中、何を会話していたのでしょうか。

ゲームにログインしたら恐らく連絡もたくさんくるだろうから、ゲームもしていなかったのだと思います。

 

伊藤容疑者からもし彩葉ちゃんに向けて恋愛感情や少女趣味などの嗜好が向けられていたのなら、それはそれは恐怖の旅路だったのではと思います。

 

現状から逃げ出したくてTwitterに助けを求めたものの、実際逃げてみるとそこは大人が牙を剥いた違う景色だった。

そうでもしないと交番に助けを求めて駆け込まないと思います。

恐怖に晒される中、隙をついて脱出したのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私の感想

真実は今後明らかになると思います。

行方不明前に話していた周囲に対する感情の件もあります。

多感な時期に片親である事も何か関係あった可能性もあります。

しかしまずは無事を喜び少しづつケアを進めていって欲しいです。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

Copyright© 優しい世界 , 2019 All Rights Reserved.